2012年11月20日 (火)

うめはんは凄い!

明21日、阪急百貨店の本丸である梅田(うめだ)本店がグランドオープンする。

Biz12102423250040n1_2   

実は、先月関西に出張した10月25日が、丁度プレ(2期棟)オープンの当日で、我ながら興奮して足を運んだ。プレオープンといっても、全体の8割がた営業開始だったので、実質の新装開店といってよいだろう。待ちに待ったお客さんも大勢押し寄せ、大変な賑わいぶりであった。

うめだ本店のコンセプトは「劇場型百貨店」。なにが劇場型かというと、ホールやギャラリー、広場のほか24ヶ所ものステージがある。8万㎡のうち約2割がこうした非物販施設なのだ。なんとも贅沢なつくりである。

椙岡会長の話では「モノは買わなくても、行きたくなる百貨店。感動や学びのある場所」を目指しているとのこと。確かに、私が子供の頃はデパートそのものがレジャーであり、遊びであった。レジャー施設が他に余りなかったこともあるが、その頃の百貨店には人をひきつける夢や遊びがあったように思う。うめだ阪急はかつての百貨店の吸引力を取り戻そうとしているように見える。

さて、個人的な興味も含めると、なかでも驚かされたのは9階から12階まで高さ16mもの吹き抜けになった「祝祭広場」だろう。床面積は2000平米もある。片側には湾曲した階段があって、お客さんが階段に腰をかけて舞台を見るような・・・・そう、立派なコンサートホールのしつらえになっている。

Sh3k0900

私は、ここを見た瞬間に、「ああ、ここで第九を歌えたらなあ!」と思わずつぶやいたほどだ。当日は、自動車の展示会をやっていたのだが、そのうちに正面の大スクリーンに映像が映し出されて、また驚いた。オーケストラ(大阪フィル?)がこの祝祭広場で収録したコンサート風景が写ったのだ。

Sh3k0890 Sh3k0903

ところが、客席に目を移すと、なんとそこにはオーケストラを指揮するお客さんの姿が!面白いことに、指揮者の振るタクトの速さに応じて、画面のオーケストラがスピードを変えて演奏しているのだ。コンピュータによる擬似指揮体験という発想はまことに面白い。抽選で当たったお客さんが次々と楽しそうに指揮をしていた。

Sh3k0904

この祝祭広場では、様々な催しが展開されるだろうし、年末は第九の演奏会もあるに違いない。やはり、ここで第九が歌えるのだ!

さて、私の本業からみた感想をチョッと書いておこう。デパ地下は人でごった返しいるのは、予想されたこと。

Sh3k0907

面白かったのは、3階、4階の「うめはんシスターズ」と「うめはんジェンヌ」という自主編集売り場。うめはんシスターズは20歳前後の若い女性をターゲットにし、うめはんジェンヌは20代から30歳前後までの社会人女性を対象にしたアパレル・雑貨が展開されている。セグメントを絞り、様々なブランドのエッセンスを集めた阪急版のセレクトショップである。

他にも、イベントスペースがとても広く確保されていて期間限定でコンセプトを変えながらフレキシブルな展示販売を行うという。

百貨店の新形態、これからの百貨店の目指すべき方向性の一つが示されていて、大変興味深かった。

屋上に出て、梅田北ヤードに目をやると、三菱地所ほかが建設中の大規模商業施設がかなり出来上がってきていた。大阪商戦は激化の一途をたどるに違いない。

Sh3k0911

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

辛い生活

昔、「甘い生活」というフェデリコ・フェリーニ監督の名映画があったが、今の私はさしずめ「辛い生活」か。

辛い(からい)のであれば前回書いた四川鍋だが(笑)、辛い(つらい)生活なのである。

一つは仕事が変わったこと。これは、辛いうちには入らないかもしれないが、生活が激変し戸惑っていることは確かなのだ。まず、朝は10時始業。もちろん、30分前くらいには会社に到着しているが、朝起きるのが1時間半から2時間近く遅くなった。銀行員生活では毎朝5時半起床、8時には会社に着いていたのに。
これだけなら言うことなしだが、終業時間は19時と遅い。まあ、当たり前だけど。この時間では、勤務先の中野から丸の内合唱団の築地に着くのは8時くらいになってしまう。以前は時間前に着いていたが、現状は毎回遅刻。

あと、定休日が水曜日と日曜日。土曜日が出勤日なのだ。土日の連休がなくなるのはチョッと辛いし、平日が休みなのは違和感いっぱいだ。会社では平日が休みなのでゴルフが盛んらしい。純粋(笑)文科系の私には縁のない話だ。まあ、最初は面食らっている状態だが、次第に慣れてくるに違いない。

二つ目が両親の病気。このブログにも何回か書いたが、父親の調子がよくなくて、何回も続けて救急車で運ばれたりしていて、今は骨折で入院生活を強いられている。一方、母親は介護の必要な状態で、ショートステイを利用している時以外、つまり自宅にいるときは、私と家内で朝晩トイレに連れて行ったりしなければならない。子供として当然のことをしているまでだが、そうは言ってもかなりの力仕事、負担なのには違いない。

三つ目が、「音楽ブログ」にふさわしい話題。合唱の練習で辛い思いをしているのだ。毎年秋のシーズンには発表会が重なるのだが、今年は9月中旬に某オケ付属合唱団、10月頭にマルガツ、10月月末に藝大とのコラボレーション・・・とコンサートが目白押しなのだ。残念ながら私には、これら三つを並行してモノにする才能も才覚もないので順番に一つ一つやり終えてゆくしかない。特に問題なのが、9月のコンサート。オルフの大曲「カルミナ・ブラーナ」を歌うのだが、なんと「暗譜」なのである。特に男声合唱の活躍する曲として有名で、それだけ負荷もかかる。そして、言葉が呪文のようで、韻を踏んだり、似たような言葉が多く、まるで「引っ掛け」の歌詞である。これがいまだに覚えられない。周りの団員には暗譜で歌っている人も多いのだが・・・・・・プレッシャーが日増しに高まるが、なかなか時間が作れない。前回のウエストサイドの二の舞にならないか心配だ。本番の直前まで脂汗を流しているに違いない。

以上、「違いない」三連発の辛い生活でした。

音楽ブログランキング ここをクリックしてください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

明治記念館にて

本題に入る前に、実は一昨日も父親が救急車で運ばれる事態となった。ふた晩続けてである。どうも深夜になると容態がおかしくなる。今回は深夜に運ばれ、付き添いも含めて帰宅したのは朝の7時だった。われわれ家族も大変だが、もちろん呼吸困難で苦しむ本人がかわいそうだ。病院で応急措置を受けると平静になるので、入院というわけにはいかないらしい。

Sh3k0669

さて、本題の明治記念館。つい先日、長男が挙式したばかりで、結婚式の話ではない。私が新しい会社で監査役に就いたので研修を受けにきたのだ。監査役という仕事は、これまで長年勤めてきた業務執行に対峙する機関であるから、何事も勝手が違う。平たく言えば、会社の取締役を監視する役目なのだ。そのため、新たに勉強しなくてはならない。会場には500人弱の初老の?オジサンたちが集まってくる。研修に来るのだから、みな新任の監査役であろう。まさに壮観。午後からみっちり三時間半の講義を聞いた。これから、いくつもの研修を受けなければならないので、しばらくはこうした状況が続くのだ。

Sh3k0670

なぜ場所が明治記念館なのかわからないが、ひとつはウェディングの機会が減っていることがあろう。少子化だし、いまはいわゆる伝統的な結婚式場を使う若者たちも減っているに違いない。そこで、会場側としてはスペースを研修や集会に貸し出すのだろう。ちなみに講師席は、結婚式なら新郎新婦が座る席にしつらえてあった。

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

セールがスタート

丸の内合唱団の「日墺」公演に対する私のブログには、かつてない反響があった。2回目の私のブログにも、大変厳しいご意見が寄せられた。引き続き「炎上」である。コメントされた元団員B(Bとはバスのこと?)さんは大変辛らつで、私への個人的な攻撃と思われることも書かれている。例えば、指導者を「さん」で呼ぶことのどこが悪いのか?企業でも上司を「さん」で呼ぶことは常識化しつつあるのにだ。また、会費集めにどんどん団員を増やすというくだりも、マルガツの指導者や役員が聞いたらどう思うのだろうか?

ひとつ問題があるとすれば、合唱団の役員達が、1人を除いて全く無反応なことである。私は最初に「厳しいコメント」がついた時点で、役員全員に直接メールを打って、警告をした。しかし、反応は皆無に近かった。私としては無力感に陥っている。たかが、私的なブログだし、匿名でのコメントは無視すべき・・・・とでも言いたいのだろうか。

こうした耳に痛い言葉こそ、大切にして欲しいものだ。演奏会の後に団員にアンケートをとることもあるが、大体が褒め言葉しか書かないし、褒め言葉しか耳に入らないことが多い。終わったことは忘れる・・・・・では進歩がないだろう。私は社業があって次回の練習には出られないのだろうが、次回の練習で今回の公演をどのように総括されるのか、非常に関心のあるところである。

こうした話はもう止めよう。ブログのコメントと対峙することはなかなかシンドイことである。いい加減にはしたくないが、きりがないし水掛け論になってしまう。ぜひ、マルガツの事務局で引き取って欲しいものだ。でも、ひとつだけ分かったことは、私のブログを読んでいる人が意外と多いことだ。音楽ブログランキングでもまあまあの順位をキープしているのは確かだが、今回の問題提起は良い勉強になった。ブログをおろそかには出来ないのだ。

さて、話題を変えて、先月末に私は会社が変わったことはこのブログでも申し上げた。今度は小売業に勤務することになったのだ。多くの百貨店やファッションビルという業態では、7月1日からセールを打つ。ということで、私も着任早々実地検分に行ってきた。

Sh3k06322

平日の朝だというのに、開店前には大勢のお客様が列を作って、お店が空くのを待っている。開店前の緊張感と、開店してからの慌しさ。大規模小売業のお店の裏側・・・・どれもこれも初めて見るものばかりで驚くことしきり。いままで勤めていた銀行も接客業でサービス産業の一種だが、当然のことながら全く違った雰囲気である。お客様個々人と接しているという生き生きとした現場がそこにあった。

音楽ブログランキング 皆さんここをクリックしてください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

嬉しいサプライズ

今日は嬉しいサプライズがあった。

会社にプレゼントが届いたのだ。秘書がお花のようですと小さめの箱を運んできた。身に覚えがないなあ・・・・とぼやきつつ、差出人を見ると・・・・・身に覚えがありました(笑)。親しくしている女性からです。

Sh3k0595

プリザーブドフラワーというもので、お花に特殊な加工がしてあって、美しい花姿が長期間楽しめるのだ。なかなか素敵でしょ。私の好きな黄色い花(バラ)がメインにしてあって嬉しい。

それと、箱を空けた瞬間、なんともかぐわしい香りが部屋に立ち込めて、とても幸せな気持になった。

退職に際して、長年ご苦労様・・・・という主旨のメッセージも添えられていた。こういうサプライズはとても嬉しいものだ。

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

私の座右の銘

送別会シリーズ第四弾(第三弾は後日に)。今日は会社全体の送別会だった。総勢約70人はいただろうか。ありがたいことに会社挙げてのいわば送別パーティーである。

Sh3k0582

思えばこの会社に来て4年。いつかは別れの時が来るものだが、沢山の社員から送別の辞をいただき本当に嬉しかった。4年の間は会社の内部的にも、外部の経済環境も非常に厳しく、つらい思いをしたことも数多くあった。業績的にも大変苦しく、かつての会社の先輩方や現在の社員の方に申し訳なく思うと同時に、責任を感じる。会社経営の一員として経営判断に迷うことも度々あった。

しかし、そういう時でも、なんとか職責を全うできたのも、私を支えてくれた社員一人ひとりのおかげである。そして、次のいわば座右の銘が私を励ましてくれたからだと思う。このうちの二つは、私の出身母体の会社のトップの名言であり、それをそのまま私の座右の銘として使わせていただいたのだ。

ひとつは「明るければ強し」。苦しい時は自ずと表情や態度も暗くなりがちだが、それでは益々苦しくなる。そんな困難な時でも、表情を明るく前向き思考で取り組むと、不思議なことに運が向いてきて事態が好転するものなのである。

「現場百回」。この言葉は、もともと犯罪捜査で使われていて、犯行現場に何回も足を運ぶことにより解決の糸口を発見するというものである。しかし、ここでは机であれこれと考えをめぐらすばかりでなく、現場に行って実際にモノを見聞きすることで業務運営のヒントをつかむという意味に転用している。まことに、現場にこそ真実があり、またアイデアもわいてくるのものなのだ。今夜の送別の辞で、私はいつも会社にいなかったと、チョッピリ皮肉を交えて話をされた方がいたが、これはまさに「現場百回」の実践であり、お褒めの言葉として聞いていた。

三つ目は、いまブームのドラッカーの名言。「何が正しかだけを考える。誰が正しいかは考えない」。これは説明不要だろう。ドラッカーには名言が沢山あるが、私が最も好きな言葉である。損得や勝ち負けを考慮して周囲をうかがうのではなく、自分が正しいと思うことはやりぬくのだ。ポイントは、「会社にとって」なにが正しいかであり、「個人にとって」ではないことだ。

さて、珍しく説教じみた話をしたが、三つの座右の銘は今夜のお別れスピーチで私が話したことである。

私のご挨拶の前に、長年連れ添った(これは司会者の表現です)私の秘書から花束(冒頭写真)を贈呈され、別の女性社員が代表して「苦労しないように」と大好きなクロス(笑)のボールペンをいただいた。秘書の涙ぐんだ表情を見ていたら、私までちょっともらい泣きをしてしまった。

感激の送別会だった。皆さんありがとう。

音楽ブログランキング ここをクリックしてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

どすこい どすこい

ありがたいことに、今日も送別会だった。

折角なじんだ皆様と 今日はお別れせにゃならぬ
いつまたどこで会えるやら それともこのまま会えぬやら
思えば涙が パラリ パラリと

これは相撲甚句の一節である。今夜の場所は「ちゃんこ」だったので、送別会にちなんだ一節をご披露させていただいた。なかなかしみじみとした良い歌詞ではある。

大昔の部の仲間とは時々飲み会をするがとてもよいもので、昔話に花が咲く。私も銀行&銀行グループ会社の生活が約35年。今度は民間の会社に行くので、半生にわたる銀行員生活とおさらばすると思うと、感慨もひとしおである。

Sh3k0247_2 

都内某所にあるちゃんこ屋。仲間とつつくちゃんこは旨い。今夜は珍しく紅一点。みんなのアイドルだった女性も参加した。驚いたことに、このアイドル女性の旦那が我々の仲間の1人。結婚したのは数年前らしいが、ずいぶんと長い間かかった職場結婚なのだ。おめでとう半分、悔しさ半分(笑)で、大変に盛り上がった。

Sh3k0575_2 

退職?記念にネクタイまでプレゼントしていただいた。全く私は幸せ者である。

2011060819540010001_2 

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

往く人 来る人

往く年 来る年・・・・・・往く人 来る人。

前のブログで書いたことだが、私は今の会社をもうすぐ退職する。引継ぎやらなにやらでバタバタ忙しい。一方で、夜はお世話になった様々な人たちが送別会を開いてくれる。ありがたいことだ。

今夜は私が担当していた部の送別会。全員男性だが、可愛らしい花束までいただいた。よく電車で花束を抱えている人を見かけるが、嬉しいけどちょっと気恥ずかしい。

Sh3k0574

送別会は神保町の「ろしあ亭」という老舗?のロシア料理。会社の近くにあるコレド室町に支店が入っていて、ランチを食したところなかなか美味しかったので、本店を訪ねることにしたのだ。場所は本屋街のすずらん通り。隣はなんとB級グルメの老舗「スヰートポウズ」。斜め向かいが、これまた学生の味方知る人ぞ知る「南海キッチン」ときた。なんだか郷愁がそそられ嬉しくなってきた。

Sh3k0571

一応コースになっていて、上の写真は前菜。クレープの様だが、具にスモークサーモンが入っていてボリュームもあって旨い。

Sh3k0572

お次は定番のつぼ焼き茸スープ。蓋のパン生地が香ばしく、スープも濃厚。

Sh3k0573

これもロシア料理の代名詞ボルシチ。ビーツの赤が鮮やかで酸味とクリームのハーモニーがイケる。この後、メインの牛タンやステーキがあったのだが、写真を撮るのを忘れた(笑)。どれも素朴な味だが口当たり良く美味しくいただけた。

今日のコースは飲み放題付きなのだが、驚いたのはビールが「サントリープレミアムモルツ」だったこと。以前名古屋で食事をした時に、飲み放題で「エビスビール」が出てきたのにはびっくりした。でも、「お値打ち」がウリの名古屋では当たり前なのかもしれない。しかし、東京でプレミアムモルツの飲み放題とは、大衆的なコースでは聞いたことがない。

皆楽しく話し、笑い、ひと時を過ごした。彼らと別れなければならないのは、やはりちょっと寂しいな。

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

帰宅困難と孤立化

金曜日の大地震にはただただ驚きと哀悼の気持でいっぱいだが、私にとっても大変な数日であった。

帰宅困難者という言葉をはじめて聞いたが、私自身がそうなるとは。帰宅困難といっても、行き倒れたわけではない。帰宅が出来ずに、会社に泊まったのだ。金曜の大地震直後は交通もズタズタだったが、時間が経過するとともに、深夜にもかかわらず地下鉄や私鉄が動き始め、帰宅する社員が増えた。しかし、JRは一向に動かない。私鉄・バス&徒歩という方法もあったが、凄い混雑が予想されるし、二次災害も気になったので、結局会社に泊まりこむことに。会社の責任者の立場にあったことも、会社から去りがたかった理由の一つである。

私の部屋の机にコートを敷いて横になったが、身体が痛くて熟睡など出来ない。テレビの報道も気になるし、残った数名の社員と雑談をして時間がたつのを待った。会社に泊まりこむのは初めての経験であるが、とにかく疲れた。早めにホテルを手当てしなかったことが悔やまれた。

そして、今朝。急に計画停電がスタートするというので、昨晩=日曜の深夜から情報収集に努めたが、私の足である「湘南モノレール」が停電のため朝から運休するとの事。車で東海道線の藤沢まで出て出勤しようと考えていた。

ところが今朝起きて驚いた。東海道はおろか、横須賀線・京浜東北線まで終日運休。しかも、小田急も神奈川県は運休なのである。こうなると、我が家は陸の孤島である。被災者には申し訳ないが、同じように「孤立化」してしまった。私の使っている大船駅は、東海道ほか上記の3線が走っているので、どれかの路線で出勤可能な便利な地区である。やむを得ない場合は藤沢から小田急を使うという奥の手もある。しかし、今回は文字通りお手上げの状態。

開き直って、自宅待機もできたが、会社が車を回してくれたので、なんとか出勤できたのだ。こういう事件があると、最悪徒歩でも出勤できる都内居住者がうらやましい。私の自宅は、都内から約50キロあるので、もし歩くとすると12時間かかる計算だという。もし、東京直下型地震が起きたら、私のような「地方」勤務者はどうなってしまうのか・・・・・・考えさせられる数日であった。

最後に、被災地のいち早い復興と、被災者の回復・再起を心から願わずにはいられない。

2273545_1299884474

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

休日返上

先週の三連休は本当に寒かった。第九の演奏会も終わり、久しぶりにゆっくりしたかったのだが、非情にも休日返上で仕事が入っていた。

某地方国立大学のベンチャー講座で、毎年学生によるベンチャー企業発表会があって、審査委員として呼ばれるのである。学生さんによるバーチャルな起業ということもあるが、活気があって審査するほうもなかなか楽しい。

Sh3k0220_2 

昼休みにキャンパス内にある記念館を案内してもらった。名前は「高柳記念未来技術創造館」という。いささか長くて欲張りな名前だが(笑)、高柳とは、「テレビの父」といわれる高柳健次郎のことである。

Sh3k0211_2

高柳は1926年(大正15年)、世界で最初にブラウン管による電送・受像に成功したことで知られる。ここには高柳の開発したカタカナの「イ」の字の送受信装置や、最初期のブラウン管、そして我々の年代でも懐かしい昔のテレビなどが置かれていて楽しい。

Sh3k0217 Sh3k0212

同じ記念館には、やはり地元の有名企業であるスズキ自動車のバイクの原型が陳列されていた。面白いことに、ペダルが付いていて、外形的には現在のアシスト自転車にそっくりだ。時代をワープしたような偶然には驚かされた。

Sh3k0219 

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)