2012年9月16日 (日)

別れあれば、出会いあり

別れあれば、出会いあり・・・・とはよく言ったものだ。

先週、私の中高の恩師が亡くなった。神父様だから帰天したというのが正しいだろう。毎年、年賀状のやりとりをしていたので、それを見て同僚の神父様が自宅に連絡をくれたらしい。次の日のお通夜に参列した。

場所は、四谷の聖イグナチオ教会、マリア中聖堂。私の母校はカトリックのイエズス会(かのフランシスコ・ザビエルも創設者の1人)が運営しているのだが、ここイグナチオ教会も同じ。ついでに言うと、お隣にある上智大学もイエズス会が母体である。

Sh3k07320001_2 

同期の数名もお通夜にかけつけ、故人のお人柄が偲ばれるとてもよい葬儀であった。故人中村工(なかむら たくみ)神父は、背が小さくて当時「ミクロ」とあだ名をつけられていた。また、寡黙な人柄なので、我々おませな中高生は、さんざん生意気なことを言って故人をてこずらせたものだ。故人は我々にモットーとして「清く、男々しく、けじめをつけて、いつも愛を表すように」を刷り込んでいた。なんか、宝塚の標語のようだとイヤミを言ったりしていたが、今思い出してみると、心に染みるいい言葉だ。

その後、故人は教会に出て、大船鍛冶ヶ谷教会の主任司祭を務めるに至った。当時の故人を知る同僚の神父様のお話があった。人一倍責任感が強く、寡黙で弱音を吐かない。そして清貧を旨としていたらしい。素晴らしい信仰の人生を全うされたに違いない。

Sh3k0733

この日お通夜に列席した同期とは本当に久しぶりに再開した。たまたま、隣り合わせしたM君。中高生時代は家が近いこともあって、親しい間柄であった。かれは関西の企業に勤務し、住まいも大津に構えていたから、再会するのは30年以上ぶりである。この日も、仕事を置いて京都から駆けつけてきたのだ。

式の合間に話をしていて、私が今は○○という企業で監査役をしていると切り出したところ、彼は一瞬驚いた顔で、「私は▲▲で監査役をしている」と名乗り出た。実は、○○と▲▲は大変親しい関係にある会社なのだ。業務は勿論、資本関係もある。

2人とも入社した会社とは違う会社に今勤務していて、この場で再会し、隣に座るなんて奇遇以外の何ものでもない。2人してしみじみと話したことは「おそらく、故人中村神父様が2人を引き合わせてくれたんだろうね」ということである。この出会いに感謝し、故人の冥福をお祈りしたい。

音楽ブログランキング

ここをクリックしてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

ああ、三重苦!

滝の音は 絶えて久しく なりぬれど・・・・・・

皆さん、大変ご無沙汰しました。1ヶ月を超えるブランクに、「どうかしたんですか?」との声も複数からいただいた。忙しかったこともあるが、ブログを書く気にならなかったというのが真相かな?一言でいえば、三重苦の世界にいるからかもしれない。三重苦とは・・・・

仕事:仕事の話はここには書けない。

プライベート(合唱):プライバシーの問題もあり、これも書けない。

家庭:これはある程度は書ける。

我が家は私の両親と長らく同居していたが、このブログにも再三書いたように、父親は入院、母親は介護施設という状態。そうしたら、私の長女まで急病で入院してしまったのだ。

私と家内の手しかないのだから、分担するにせよかなり物理的にも精神的にもキツイのは確かだ。家庭だけで三重苦が成立してしまったのである。

まあ、暗い話ばかりしていても気がふさぐ。ここ1ヶ月強の間に撮った写真をご披露しよう。

水戸の鰻
水戸は納豆が有名だが、どうして鰻の名店も多い。 ご飯の下にも蒲焼が隠れている嬉しい鰻重。

Sh3k0299_2

浜松の鰻
しかし、鰻といえばやはり浜松だろう。これも蒲焼が二段で贅沢。鰻の稚魚の不漁により、鰻の価格は著しく上昇しているが、本場だけあってかなり割安の価格設定。

Sh3k0366

浜松の餃子
餃子の町宇都宮を抜いて、いまや浜松が餃子消費量日本一。鰻よりも餃子が看板になっている。浜松の餃子はごらんのように円形に並べられていて、真ん中に茹でモヤシが鎮座している。具には浜松キャベツがタップリ入っていてとてもジューシーだ。地元の人は、30個くらいある大皿をペロッと食べてしまうから驚きだ。

Sh3k03610001

さて、次は珍品。

自動販売機の缶味噌汁
たしか中野で見つけたんだと思うが、これを買う人がいるのかなあ?アズキフェチの私は、隣のお汁粉を買いました。

Sh3k0296

鎌倉檑亭のそば汁粉
来客があったので、近くの庭園散策に連れ出した。茶屋で一休み。そば汁粉は、普通は汁粉に蕎麦団子が入っているが、ここのはなんと「そのまんま蕎麦」。味は???

Sh3k03370001

鎌倉山の桜
檑亭のある鎌倉山は桜の名所。

Sh3k0374

津波の?警報
つい最近だが、湘南地方の電信柱に写真のような「掲示」が出現。これは父親が入院している藤沢の病院の近くの電信柱。海抜4.8メートルでは不安だ。私の自宅は山の上なので、海抜40メートルはあるから、まず安心。

Sh3k03280001

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

出勤の誕生日も悪くない

今日は私の誕生日だ。

そう、11月3日文化の日、祝日である。日本国民が皆私の誕生を祝ってくれる・・・・錯覚に陥る(笑)。まあ、いずれにしても文化の香り高い日に生まれたのだ。

ところが、今の会社は祝日は出勤日。なんか、特別損をしたような気持になる。生まれて初めて、誕生日に出勤したことになるのだ。

午前中は三郷方面へ会社の施設の視察に行った。鎌倉だと片道2時間。ちょっとした小旅行だ。午前中で視察を済ませ、食事の時間。駅前の「ららぽーと」でなぜかお好み焼きを食べた。大阪の鶴橋に本店があるらしく、なかなか美味。同行した同僚がお好み焼きで誕生日のお祝いをしてくれた。男3人、しかも皆同い年なのである。祝日で家族連れが大半のお好み焼き屋に、男3人はちょいと異様かもしれないが、そんなこと構わない。

Ca3f00010001_2 

上の写真で右下に泡の様なものが見えたら、それは目の錯覚です(笑)。仕事と食事を済ませ、同僚2人は近くの他企業の小売施設を見学するという。私は、午後から本社で重要な会議があるので、1人都内に戻ってきた。

さて、会議の冒頭、社長から「今日は○○(私の名前)さんの誕生日です。おめでとうございます」といわれてビックリ。秘書が情報をインプットしたのだろうが、嬉しくもあり、恥かしくもありの瞬間であった。

会議が終わった後、部屋に戻ろうとしたら、秘書さんたちが寄ってきて、誕生日のお祝いがあるという。エクレアを買ってきてくれたのだ。プレーン、モカ、バナナ、イチゴ、抹茶のなかから好きなものを選んでくださいと。

Ca3f00030001

当然だが、こうした経験は初めてである。誕生日に出勤しないと、会社の皆さんにお祝いしてもらうことなどありえないからだ。新鮮な気持であると同時に、出勤の誕生日も悪くないなあ・・・・と思った。

そして、フェイスブックにもお祝いのメッセージが満載。約30人もの方からメッセージをいただいた。先般のカルメンにかかわる記事や、合唱の仲間の暴走(笑)写真もあって、とても賑々しく楽しいフェイスブックであった。

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

身辺あわただしく・・・

ブログ更新をさぼっていた。

従来も週一回のペースだったが、ラフォルジュルネのコンサート以来である。まあ、言い訳になるが、一つは私の仕事のこと。今の仕事をやめて、違う仕事に付くことになるのだ。再スタートは6月末だから、それまではなにかとバタバタするだろう。

これは先週末の話だが、母親が入院した。合唱の練習に出かける途中にメールが入り、母が動けなくなって救急車で運ばれたというのだ。我が家は私の両親と同居しており、毎日顔を合わせているのだが、残念なことに母はアルツハイマーが進行してきていて、殆ど外出もしない。それで足腰が弱ってきていた。数日前から腰痛を訴えており、とうとう動けなくなったので救急車で病院に運ばれた。診察の結果、病名は腰椎圧迫骨折。もともと骨粗しょう症なので、腰椎が圧迫されてつぶれてしまったらしい。安静にして骨が固まるのを待つしかないらしい。昨日、今日と病院に見舞いに行ってきた。

やや暗い話だったが、最近時間がないもう一つの理由がゲームにはまっているからである。もともと、私はゲームオタク(笑)でもないし、ゲームに執着心もない。しかし、はじめてみるとなかなか面白い。キッカケは、私の会社の新しい取引先ということ。ゲーム会社の場合、取引が始まると、実際に触ってみることにしている。何事も机上の上では分からないからだ。このため、いくつものゲームをやるはめになる。

E4_2 

いま熱中しているゲームは、ブラウザゲームという最近はやってきたジャンルに属する。インターネットのウェブブラウザで遊べるゲームのことで、インターネットの環境さえあれば、ゲームソフトをダウンロードあるいはインストールすることなく遊べるのである。コンソールゲーム(プレイステーションのようなゲーム機で遊ぶゲーム)と較べると機能やゲームの奥深さにおいてかなり見劣りするのは仕方ないのだが、ゲームオタクでなければこれでも十分面白い。なにより、ネットを介して仲間と一緒に遊ぶことが出来る=SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)の機能がウリで、ついついのめりこんでしまう。確かにmixiやFacebookなどのSNSは我々の生活に深く根をおろし始めている。

E1

参考までにこのゲームを紹介しよう。いかにも男子が好きそうな(笑)、大戦ゲームではある。

http://www.entercrews.com/

http://b-ginga.entercrews.com/

http://nf.entercrews.com/index.asp

ひとつだけ困ったことが・・・・このブラウザゲームは会社のパソコンでは出来ない仕組みなんです(笑)。

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

臨時総会とミニーちゃん

丸の内合唱団の臨時総会があった。当日夜は会社関係の集まりがあったのだが、総会は団の最高決定機関である。宴会を途中で抜け脱して、酒気帯びは申し訳ないながら参加した。

手続き的には問題もあったが、役員さんたちの熱意も感じられてなかなか良かったと思う。本当に公正で風通しの良いマルガツの運営がされることを強く期待している。

長女の結婚式も終わり、盛会であった安堵感とちょっぴりの喪失感がない交ぜになっている。でも、やっぱり疲れたなあ。今日も半日出張だったが、肩こりがきつく頭痛がする。

Photo

披露宴で受け取った娘からのプレゼント。長女が生まれた時の体重で作られた「ウエイトドール」というらしい。なんとも、可愛いミニーちゃん。特にアヒルのよだれ掛けがなんとも微笑ましいのだ。年甲斐もなく思わず抱きしめてしまう。

Photo_2 Photo_3

しかし、誕生時の体重が2950グラムもあったのか・・・・・ずしりと重い。左足は誕生日とその時の体重や身長が、右足は結婚式の日にちが書いてあるのも面白い。長男が結婚する時は同じものを貰いたい。ミッキーとミニーのペアになるからだ。

音楽ブログランキング ここをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

三が日・・・・・のだめ?

昨年末の第九ラッシュの反動で、三が日は放心状態。おまけに「のだめ」の再放送を見てしまったので、録りだめしたDVDもほとんど見れませんでした。でも、改めて「のだめ」面白かったなあ。アホだし、ありえない話だけど、なぜかジンワリとしみじみさせるところもあったりして、よいドラマでした。これから始まる二夜連続特集はパリやプラハが舞台だというので、見逃せませんね。

さて、三が日を振り返ってみると・・・・元日は除夜の鐘を聞きながら近くのお寺に初詣。ここは真言宗なので、住職が護摩壇で火をたいて勇壮極まりなし。帰宅して初風呂につかって1年の疲れを癒す。昼ころ弟家族が来て、父母とともに近くの明神社へ初詣。おみくじをひいたら大吉。こいつは、春から・・・・・縁起がいいわい。弟家族は子供が女の子二人、「ムーディー勝山」(二つ前のブログ)のネタで笑いを取る。自分の家族じゃ駄洒落を言っても無視されるから、久々に嬉しかった(笑)。自分でも単純だなあと思います。

二日目からが大変。紅白歌合戦のビデオを観ながら、アルバムの整理です。アルバムって昨年の5月に行った中欧旅行(チェコ、オーストリア、ハンガリー)の写真整理がまだ半分しか終わってなかったんです。なにせ800枚もの写真。それも、一枚一枚コメントをつけてアナログのアルバムにします。ガイドブックやインターネットで情報を収集してコメントを書くのが私の流儀。たとえば、どこの写真だか分からない場合もネットで調べる・・・・・こうしておくと、すぐ旅行の記憶と知識がよみがえるという次第です。そんなこんなで、丸々二日かかって三が日はおしまい。

紅白は、司会者特に鶴瓶のシャベリが長すぎてその分歌が短くカットされていたような気がします。中居君もイライラしてましたね。今年の紅白を一言で言えば「ユニセックス」(ボーダレスセックス)。美川憲一や槇原敬之あるいは平井堅は置いておくとしても、中村中が象徴的。徳永英明も「恋に落ちて」を歌ったり・・・・・だいいち司会が男二人っていうのも、既に「紅白」は終わっているような気がします。それにしても中村中はいい声してるなあ。これだけは聴く価値があったと思う。そして、「千の風になって」・・・・・一年間でずいぶん歌が上手くなりました(笑)。

と書いているうちに、「のだめinヨーロッパ」が始まってしまい2時間半見ることに。しかし、これは金がかかってます。ヨーロッパロケはもちろん、オーケストラの費用、ホールを埋め尽くすエキストラの手当て、それに天下のスメタナホールまで使っちゃうんだから。前二つの写真はプラハ市民会館とその中にあるスメタナホール入口。

因みに、千秋が二次予選で失敗して、のだめとやけ酒を飲んでいたカフェはアールヌーヴォー様式が美しいホテルエヴロパにあるカフェ・エヴロパであることを発見(写真後ろ二つ)。世紀末芸術の粋を集めた装飾で有名です(いずれも去年の中欧旅行で立ち寄りました)。今日から出勤ですが、まだまだ正月気分ですな。

20070426_dscf3871 20070426_dscf3874

20070426_dscf3925 20070426_dscf3928

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

ブログ・・・・・の憂鬱

先日、あるブログ友達(Xさんとします)と口論になりました。口論といってもブログ上ですし、もっぱら私に非があるようなので、険悪な関係になったといったほうが正確かもしれません。

事の発端は、Xさんのブログに私が無神経なコメントをつけたことにあります。軽い気持ちでユーモアを交えてコメントしたつもりだったんですが、後で考えれば、確かに思慮が不足していて、Xさんを傷つけてしまったのです。

それを弁解しようとして、ますます頓珍漢なメッセージを送ったりして、ますます深みにはまり込んでしまいました。とても悲しいことです。

Xさんは、①私が実際に経験したこともないのに、勝手に想像してコメントを書くな、②私のブログを見ることを強要するな、と指摘していました。確かに①は軽率だったと思います。また、②は私のブログもごひいきに・・・という軽い気持ちなのですが、Xさんにはそのように伝わっていなかったようです。Xさんはまじめな方で、きっと自らにも厳しい方だと感じます。私のようないいかげんな気持ちでブログを書く人間を許せなかったに違いありません。

その後も修復を試みようと思いましたが、直接会って話をするのとは違うブログの難しさ・・・・・とうとう最後通牒を突きつけられてしまいました。

そもそも、相手が百人いて、百人に全てに好かれるのは非常に困難なことだと思いますが、さらにブログには相手の顔が見えないという難しさがあります。

Xさんにしてみれば、私の名前さえ見たくないのだろう・・・・足あとをつけられるのさえ不快になるでしょう。やはり相手の立場に立てば、相手の気持ちを乱さないためには、これ以上近づかない(コメントを書かない)ことが第一だと思いました。

こうした事態を招いたのは、もっぱら私が悪いのですが、皆さんどのように対処するのがいいとお考えでしょうか。ブログを今年からはじめた初心者としては、本当に悩んでしまいました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年2月28日 (水)

ゆびはじぶんに

昨日「ゆびはじぶんに」の研修を受けてきました。

正式にはCS研修(CS=CUSTOMER SATISFACTION 顧客満足)という名前なんですが、そのキーワードの一つが私のブログのタイトルにもなっている「ゆびはじぶんに」なのです。

お客さまの満足度を高める方法には色々な方法がありますが、その前提としてES(Employee Satisfaction、従業員満足)があります。簡単にいうと、社員が楽しく仕事が出来ていなければ、お客さまにも喜ばれないということです。社員が憂鬱だったり、しかめっ面しい顔をしていたのでは、お客さまも不快になりますよね。社員が生き生きとして仕事に励んでこそ、お客さまに対するサービスも向上するものです。顧客応対では、よくファストフードの接客マニュアルが挙げられますが、形だけで心がこもっていなければ意味がありません。

では、どうやってESを高めるのかというのが、この研修の狙いなのです。様々な切り口があって、とてもここには書ききれませんが、ひとつだけ例を挙げましょう。ある中年の夫婦が離婚を決意することになったそうです。色々な理由があったのでしょうが、夫があげたひとつは、「毎朝会社に出かけるときに、妻が『いってらしゃい』の一言を言わないこと」を挙げました。それに対して、奥さんはなんと答えたでしょうか?

奥さんは「だってあなたが『行って来ます』の一言も言わないから」だったそうです。なにか、子供じみた意地の張り合いのような気もしますが、ここに真実が現れているのです。人間は傲慢な生き物です。とかく問題があると相手を責めがちです。でもその前に、まず自分に指を向けてみることが大切なんです。

例えば会社で、部下に仕事の指示をしたにもかかわらず、それが出来ていない。なぜ出来ないか上司は部下を責めます。でも、仕事を「しない」のには「正当な理由」があるのです。単に本人が怠惰なのではなくて、「あんな上司の言うことなんかききたくない・・・」といった上司側に理由があることが多いものです。

どうやったら気持ちよく仕事ができるか、仕事をしてもらえるか・・・まず自分に指を向けて考えてみることが大切だと研修の講師は教えてくれます。言葉で言うのは簡単ですが、実際やってみるのは難しい。偉くなればなるほど、「自分はそんなことはない」と自分を正当化してしまいます。謙虚さが必要なんです、と今回の研修でもたくさん教えられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

ウォークマン

前からほしかった「メモリー ウォークマン」を買いました。

Photo_47 1Podにしようか迷ったのですが、このウォークマンにはノイズキャンセラーがついていて、通勤途上で聴く私にとってはベストの選択だったと思います。写真はシリコンカバーをつけているので、ぼやけて見えますが、深いバイオレットカラーも素敵です。

Photo_48 それに液晶ディスプレイにCDのジャケットも表示される凄さ。

これで、お経のように難しい合唱(レクイエム)の練習もバッチリかもしれません。

さっそくツタヤに直行して、CDをレンタル。EXILEの新曲「道」はいい曲です。彼らの「ただ・・・会いたくて」は名曲で、私のレパートリーの一つですが、これに準じるくらいの出来。ピアノヴァージョンもついていますが、面白いのは「NHK児童合唱団」なるヴァージョンがあること(因みに略して「N児」というそうです・・・・笑)。要するに卒業シーズンを狙った企画のようで、ちょっとやりすぎと感じましたが、聴いてみるとなかなかいいんだなあ。名前のわりに大人びた声ですが、N児のユースクラスと栗友会が歌っていることで納得。これも私のレパートリーに加えたいです。

10012973217_s1_4 それと気になっていたLeah Dizonの「softly」。彼女は人気急上昇のセクスゥイーなモデル・歌手だそうで、私は歌を聴くまでは知りませんでした。フランス系アメリカ人と中国系フィリピン人とのハーフ・・・・うーんまさに国際的。でも、ものすごく日本語が上手なんです。

Gncx1002_2001_1  もうひとつはタイナカサチさんという歌手の「会いたいよ。」。彼女の広域まで伸びるやさしく透き通った声は「すんばらすぃー」の一言。なんでカタカナなのかは分かりませんが、漢字は田井中彩智と書くそうです。

この2曲もレパートリーに加えたい・・・・女性歌手のほうが良い歌が多いような気がします。

写真は公式サイトから

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

胃カメラ

今日、胃カメラを飲みました。

まさに「飲む」という表現がぴったりです。検診が決まったのは1ヶ月ほど前ですが、「その日」が近づくにつれて憂鬱に。もっとも、特に異常はなかったのですが、何年かに一度は飲んだほうが良いといわれ、そういえばここ5年以上していなかったので、思い切って検診したのです。

診察前に、対象者の5人が別室で注意事項の説明を受けます。ノドに麻酔薬をたらしこみます。楽な気持ちで・・・なんて説明されますが、かえって緊張が高まるのです。いざベッドに横たわり(昔は座ったままやりました)、マウスピースをつけて、やおら胃カメラのチューブを押し込まれます。

Photo_13  昔に比べればずいぶんとチューブが細くなったといわれ、太目のうどんくらいと説明にはありましたが、目の当たりにしてみると、いやいやうどんなんてもんじゃありません。至近距離で見るせいか、やけに太いのです。「これはイケねー」と思った瞬間、もうだめでした。咽喉を通過するときに「オエーッ」「オエーッ」となるわけです。胃袋に空気を送り込まれて膨らませるのも不快です。あとは一刻も早く終わるのをひたすら祈るのみ・・・・。

5分くらいだったかな、やっと終わりました。結果は「異常なし」。はじめから異常ないとわかっていれば、こんな苦しい思いしなくてすむのに、と思いますが、こればかりは飲んでみないと分かりません。私の後の人が検査室で「オエーッ」と叫んでいる声を後に病院を出たのでした。

いまは苦しみを軽減するため、鼻から牛乳、ならぬ鼻から内視鏡が徐々に普及しつつあるようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)