« スタバで待ってる・・・第二弾 | トップページ | うめはんは凄い! »

2012年10月23日 (火)

二風堂々

エルガー作曲の威風堂々はいい曲だ。

エルガーは威風堂々という名前の行進曲を6曲作っているが、なかでも有名なのは第一番で、この曲の中間部は「希望と栄光の国」として歌詞がつけられ、第二の英国国歌といわれる。

Imagesca6b2ayn_2 

音楽好きの方は、毎年夏にロンドンで行われるクラシックの祭典「BBCプロムス」の最後に必ず演奏されることをご存知だろう。生き生きと覇気に富んだ前半(後半も)部分と中間部の崇高な旋律が魅力的で、月並みな言葉だが、まさに英国の伝統と風格を感じる名曲だ。

Imagescabpvkdh

この秋、威風堂々を2回立て続けに聴く機会を得た。しかも、同じオーケストラ、そして同じホールなのである。オーケストラは東京フィルハーモニー。ホールは初台のオペラシティである。

二つともご招待コンサートで、一つは京王電鉄主催の京王音楽祭。これは正確にはチャリティー。もう一つは某給食産業の周年コンサートであった。京王音楽祭は「英国音楽特集」でなかなか玄人好み。ヘンデルからビートルズまで、英国音学の系譜が奏でられる。目玉はブリテンの「ヘンリー・パーセルの主題による変奏曲とフーガ」。つまり「青少年のための管弦楽入門」である。これは名前にそぐわない聴き応えのある作品。

二つ目の招待コンサートは名曲シリーズといった趣だが、プログラムの目玉は、仲道郁代ピアノによる、チャイコフスキーの協奏曲第一番であった。

さて、肝心の威風堂々。要するに指揮者だけが違うのだ。一つ目は我らがマエストロ曽我大介。二つ目は、当日の東京フィルの桂冠指揮者である尾高忠明である。

Imagescarxmerg_2 

オケもホールも同じだから、必然的に聴き較べることになる。どちらが上手かったか、などという愚問はおいておき、これは好みの問題であろう。

Profile_ph_otaka02_3   

曽我大介は生き生きと躍動感溢れる指揮であった。尾高忠明は英国音楽の権威であり、特にエルガーには定評もあり流石に手馴れた演奏。テンポも比較的遅めにとって、悠々とした音楽であった。想像の域を超えないコメント(笑)なのかもしれないが。

威風堂々ならぬ二風堂々。こうして二つの演奏を聴き較べてみるのも一興である。


音楽ブログランキング ここをクリックしてください

|

« スタバで待ってる・・・第二弾 | トップページ | うめはんは凄い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198925/47490228

この記事へのトラックバック一覧です: 二風堂々:

» 寺川綾 細川大輔との熱愛とロンドン五輪での赤外線動画?! [競泳オリンピック銅メダリスト寺川綾 盗撮・モロ見え映像]
寺川綾 細川大輔との熱愛とロンドン五輪での赤外線動画?! [続きを読む]

受信: 2012年10月28日 (日) 17時48分

« スタバで待ってる・・・第二弾 | トップページ | うめはんは凄い! »