« ソラマチ探訪記:レストラン編 | トップページ | 愉しきかな おやじバンド »

2012年8月 1日 (水)

リョーマの休日で佐世保バーガーを食す

リョーマの休日・・・あのソフトバンクのCMは愉快だね。

先日、友人からいただいた偽造紙幣(笑)、例のリョーマの肖像が印刷されている。よくみると、佐世保バーガーの割引券と書いてあった。

Sh3k0596

さっそく、佐世保バーガーを検索、会社の近くにある中野の店を見つけた。勇んで出かけたのだが・・・・店員がしげしげとリョーマ札を睨んで言うには、「ここの店では使えない」と。

残念だなあ。折角リョーマ札を握り締めて暑い中を出かけたのに。折角だから、割引なしの(笑)佐世保バーガーをいただくことにした。店員と話しているうちに、このお店が佐世保バーガーの発祥地だということが分かったのだ。佐世保なのになんで中野なの?といぶかる向きも多かろう。

いまでこそ、佐世保バーガーの名前はポピュラーになっているが、2005年に佐世保出身者が中野に「ザッツバーガーカフェ」を開店し、初めて佐世保バーガーと命名したのだという。このお店の前身である。

http://sasebo-burger.jp/index.html

前身というにはわけがある。時流に乗って中野を皮切りに中央線沿線中心に7店舗を展開した。ところが、資金繰りに窮したようで、ある日突然オーナーが夜逃げしたのだという。上記のホームページも放置されたままだという。

Sh3k0597

いまの店長?さんは、ザッツバーガーの残党で、そのままここに居ついて、佐世保バーガーを提供しているのだった。

さて、佐世保バーガーのお味はいかに。米軍発祥だから、コッテリ大味かと思ったが、想像に反して、ヘルシーでライト感覚、大変美味しかった。佐世保バーガーの特徴は、甘めのマヨネーズ味で、中に半熟の目玉焼きが入っていること。食べ方も変わっていて、バンズをギューっと潰して、肉汁とソースをパンにしみこませる。バーガーにはコークがおきまり。

Sh3k0598

690円はやや高価な印象だが、大手ハンバーガーチェーンには無い手作りの美味しさが際立っている。ランチ時には、若い女性で混雑しているという。

Sh3k0599

店長さんとも仲良くなったし、また出かけてみるとしよう。

音楽ブログランキング

|

« ソラマチ探訪記:レストラン編 | トップページ | 愉しきかな おやじバンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198925/46545111

この記事へのトラックバック一覧です: リョーマの休日で佐世保バーガーを食す:

« ソラマチ探訪記:レストラン編 | トップページ | 愉しきかな おやじバンド »