« リョーマの休日で佐世保バーガーを食す | トップページ | 不思議な場所 »

2012年8月14日 (火)

愉しきかな おやじバンド

先月のことになるが、おやじバンドを聴きに行った。

最近は聴くのはもっぱらクラシックであるが、昔は結構ジャズライブなども聴きに出かけたものだ。今回は、銀行の広報で戦友ともいうべき仲間のHさんが出演するので誘われたのだ。戦友といっても、異なる金融機関の友人なのだが、広報の世界は会社を超えた付き合いが出来るので面白い。

Hさんは、旧華族のやんごとなきお方である。私が第九の合唱に誘い、一時は一緒に歌っていた。血はあらそえないもので、銀行員のかたわら水彩画などをものし、雅楽に手を染めるなど、根っからの芸術家気質とみた。そして、近年は銀行の先輩の誘いで、おやじバンドやっているのだ。

Sh3k0612

出かけたのは、銀座松坂屋に程近いTACTというライブハウス。100名ほど入れるだろうか、立派な会場である。観客は殆どがHさんが勤める金融機関関係の方のようだったが、アットホームでいて、とてもノリノリの愉しい一夜だった。

Sh3k0616

曲目は洋の東西を問わず、ビートルズから懐かしのグループサウンズまで幅広。アマチュアバンドだから、技量は「それなり」であるのだが、メンバーが皆愉しんでいる様子がとてもほほえましかった。

リズムギターを弾くメンバーが、昔を思い出したのだろうか、感極まって涙ぐんで演奏の手が止まってしまったあたりには、私もほろっとさせられた。

Sh3k0615

Hさんは、ヴォーカルとキーボードを担当。味のある声で、なかなかのもの。上手く歌いこなしていて少々驚いた。

Sh3k0618

驚いたといえば、観客に私と同じ合唱団の女子がいたこと(上写真左端)。たまたま、同じテーブルでまん前に座っていたので、歌の話をしていたら、合唱をやっているとのことで、なんと曽我大介さん=一音入魂合唱団の名前が出たのにはビックリした。合唱指導の豊原先生について個人レッスンも受けているらしい。世の中狭いというか、ここにも幸せなセレンデピュティがあったのだった。

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

|

« リョーマの休日で佐世保バーガーを食す | トップページ | 不思議な場所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198925/46693854

この記事へのトラックバック一覧です: 愉しきかな おやじバンド:

« リョーマの休日で佐世保バーガーを食す | トップページ | 不思議な場所 »