« ソラマチ探訪記:スイーツ編 | トップページ | リョーマの休日で佐世保バーガーを食す »

2012年7月18日 (水)

ソラマチ探訪記:レストラン編

第三弾はレストラン編とゆこう。

見晴らしの点では、展望デッキのレストラン「634」が一番だろうが、今回はスカイツリーに登れなかったので除外。ソラマチイーストタワーのレストランに入った。

前々回でご紹介したように、30F、31Fレストランフロアからの眺めは素晴らしく、隠れた穴場だと思う。そのレストランでゆっくり食事が出来れば言うことはない。ここには以下のレストランが入っている。

http://www.tokyo-solamachi.jp/floor/30f/
http://www.tokyo-solamachi.jp/floor/31f/

一番人気は、31Fの天空ラウンジだろう。まさに目の前にスカイツリー・・・といっても胴体で、フロアに寝そべらないと天辺は見えない・・・が鎮座しているのだ。特に夜景は素晴らしいと聞く(写真はレストランのHPから)。

Introduction_party_2

同じくスカイツリーの正面といえば、30FのBEER&PUB SUPER"DRY"も眺めがいい。ただここは、展望スペースの後ろにちょっと引っ込んでいるので視界が展望客で遮られるうえ、半オープンスペースなので騒がしく、ゆっくり食事が出来る雰囲気ではない。

当日土曜日、営業開始の11時に夕食の予約の電話を入れた。スカイツリーが展望できる西側に面した店は、全てが既に満席であった。夕方5時からの早い時間を指定したがこれもだめ。ただ、例外的に自由席を若干残している店もあり、早い時間に来て、並べば座れる可能性もある・・・・という話であった。

折角ここまで来たのだからと、5時15分前にレストランフロアに到着、いくつかの店を回ってみたがやはり難しそう。だが、30FのイタリアンIssare shu cielo [イザーレ シュウ チエロ]の支配人と交渉、7時半までなら入れるとの事で胸をなでおろした。しかも、通された席はというと、正面にスカイツリーが見える特等席だった。なんて、ついてるんだろう。

Sh3k05670001

このイタリアンは、名古屋から上京、名古屋ではイタリアンの代表格だという。もともとは岐阜多治見の澤千という日本料理が発祥らしい。スカイツリーが目の前という場所が場所だけに、かなり高額と覚悟していたが、コースで6000円からだからボッタクリではない。スカイツリーのライトアップまでの時間稼ぎにこのコースを頼んだ。パスタを中心に、ヘルシーだが手の込んだ料理で大変満足であった。

Sh3k0576 Sh3k0578

気になったのは時間。スカイツリーの点灯時間だ。ホールの人に聞くと点灯は7時。7時半から次の客がくるのだが、早く到着したら我々は席を立たなければならないだろう。コース料理も終わり、時間稼ぎにゆっくりコーヒーを飲む。

Sh3k0586

30分もそうしていただろうか、ようやく時計が7時に・・・・・点灯だ。満席のテーブルのあちこちから、「オーッ」という歓声があがる。スカイツリーのライティングにはブルーの「粋」とパープルの「雅」があるが、この日は「粋」。ツリー全体が幻想的な水色に包まれて美しい。

Sh3k0585

レストランを出て、スカイツリーの乗降階から見上げた姿。

Sh3k0589

そうそう、レストラン編ではこれをご紹介しなくちゃ。一番人気と書いた「天空ラウンジ」のディナーコース。アミューズタワーが売り物なんです。なかなかおしゃれでしょ。これで4500円とのことですから、お試しあれ。

Sh3k0588

音楽ブログランキング ここをクリックしてください。

|

« ソラマチ探訪記:スイーツ編 | トップページ | リョーマの休日で佐世保バーガーを食す »

コメント

私も、金曜日にソラマチへ行ってみます。
遅くなった、お誕生日のお祝いです。
今からとっても楽しみです!!

投稿: お久しぶり!! | 2012年7月18日 (水) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198925/46369529

この記事へのトラックバック一覧です: ソラマチ探訪記:レストラン編:

« ソラマチ探訪記:スイーツ編 | トップページ | リョーマの休日で佐世保バーガーを食す »