« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月14日 (木)

美音に酔いしれる一夜

ちょっと前のことだが、五嶋龍&オルフェウス室内管弦楽団のコンサートを聴きに行った@サントリーホール。

会社の関係先のご招待なのだが、昔からオルフェウスCOは大好きだったし、成長した五嶋龍にも興味があった。メインプログラムは、五嶋のベートーヴェンバイオリンコンチェルト。それとオルフェウスがメンデルスゾーンのイタリア(交響曲第4番)である。

龍のバイオリン(VN)は素晴らしかったの一言に尽きる。有名なティンパニの4つの音に導かれて長い序奏が始まるが、満を持して龍が引き出した最初の音を聴いてしびれてしまった。なんという美しく艶やかな音色だろう。大昔だが、同じサントリーで聴いたシュロモ・ミンツの音色を思い出した(プレヴィン指揮ウィーンフィルという贅沢なコンサートだった)。テンポを遅めにとり、ひたすら美しく弾いてゆく演奏に心が奪われてしまったのだ。

20120214_orpheus_goto_01_2 

ベートーヴェンのVN協奏曲は古今のVN協奏曲の最高峰であることに異論はないだろう。だからハードルは高いし、生半可な取り組みではしっぺ返しを食う。無論演奏にはベートーヴェンの崇高な精神性が求めら得るから、弱冠24歳の龍にはまだ早いのかもしれない。しかし、彼のVNの音の美しさ・・・音の素直さといってもよいだろうが・・・は、足らない点を補って余りあるのだ。ひたすら美しい演奏に演奏者も聴衆も身を任せられる幸せがあった。

そもそも、この曲は「怒れるベートーヴェン」にしては、とても歌謡的で叙情的な曲だ。彼が36歳の時の作品で、交響曲第4番、ピアノコンチェルトも4番を同時期に作曲していて、いずれも叙情性に富んだ名曲。それに、このころ彼はヨゼフィーネに恋をしていたことを考え合わせると合点がゆく。

流石に終楽章ロンドに入ると、明快なリズムを刻んで心地よい演奏だった。指揮者がいないので、カデンツァにさしかかると、龍が身を乗り出すように舞台前面にせり出し、さらに興が乗る。
龍は既に立派なソリストであるが、このまま順調にキャリアを積んで偉大なヴィルトゥオーソに上り詰めて欲しい。

さて、もう一つの主役オルフェウスCOに触れないわけにはゆかない。1970年代からアメリカを起点に活躍をはじめ、指揮者を置かないことで有名なCOである。レコーディングも膨大な数に及ぶ。指揮者がいないのに、演奏は極めて整えられていて胸のすくようなインパクトを与える。ベートーヴェンの伴奏でも、極めて力感に富む立派な演奏だった。並のフルオケに引けをとらない合奏力である。メンバー一人ひとりの技巧とパワーが無ければここまでの演奏は出来まい。

Orpheus_chamber_orchestra

オーケストラとしての歴史は40年を超え、メンバーの世代交代もあっただろうが、活動を続けていること自体すごい。ただ、近年の潮流として、古楽演奏法が現代オーケストラにも影響を及ぼし、特に室内オーケストラにその傾向が顕著である。オルフェウスは古楽奏法とは一線を画し、当初のスタイルを固持しているように思えた。メインの「イタリア」にしても、演奏は本当に素晴らしいのだが、インパクトの強い古楽器奏法(あるいはそれを取り入れた演奏法)に慣れつつある聴衆にとって、彼らの演奏に物足りなさを感じた人もいたことだろう。

なお、多くを語る余裕が無いが、オルフェウスの演奏スタイルは企業経営にとって大きな示唆を与えてくれる。彼らは指揮者をおかず、演奏解釈は合議制、コンサートマスターをはじめ、各パートのトップは随時交代する・・・などなどユニークである。こうした独自の自主管理の方法論は「オルフェウス プロセス」と呼ばれ、8つの原則「権限委譲、責任の自覚、役割の明確化、リーダー役の交代、横のつながりの強化、聞く力・話す力の強化、コンセンサスの追求、熱意と目標」からなっているという。これは立派な経営学なのである。

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

星はヒカリエ(笑)

本題に入る前に、報告をひとつ。報告といっても極めてプライベートなことである。父親がまた入院してしまった。土曜日の朝に呼吸の調子が悪くなり、ついでに腰を痛め、しばらく様子を見ていたた。私が仕事から帰宅した夕刻くらいから一層苦しくなり、救急車を呼んで病院に運び込んだのだ。幸いに危篤状態だった前2回に較べると軽症のようだが肺炎を併発していて、予断はできない。また、本人にとっても、家族にとっても闘病生活が始まるのだ。この1年、半分は入院生活を強いられた父は気の毒だが、毎日お見舞いに行く私を含めた家族の負担も大変大きい。高齢者社会の辛さは、経験してみないと分からないものだ。

さて、暗い話はこの位にして、本来は明るい話を書きたかった。新橋のミュージックレストランなるものを初体験した。その名は「アルテリーベ」。声楽家がクラシックを中心とした愉しい歌を歌い、客はビアグラスを傾け、時には一緒に歌う・・・・・というドイツ料理のビアレストランである。

Sh3k0440

実は、ソプラノ歌手の浪川佳代さんの自称追っかけをやっていて(笑)、先日、同じくミュージックレストランの銀座「ライオン」に続き、ここアルテリーベにやってきたのだ。なぜ、浪川さんの追っかけになったか、自分でも良く分からないのだが、冗談で言っていたら、いつの間にかみなされてしまったらしい。まあ、追っかけでもそうでなくても、余り大差はないのだから良しとしよう(笑)。

484239_309649202457289_331336557_n

この日はマルガツで歌友のムッシュ一夫、おそらく30年ぶりくらいに再会する中高時代の友人Iさん、そして以前居た会社の後輩かつ歌友のFさんとの4人編成。Iさんはムッシュ一夫とIさんは初対面だが、フェイスブックが引き合わせた不思議なご縁なのだ。歌も会話も弾み本当に愉しかった。

アルテリーベハは、私に言わせると「視聴者参加型レストラン」。歌を一緒に歌うのは当然として、客が舞台に上がっての「ラインダンス」には驚いた。果ては会場全員で縦列を作っての「歌行進」まである。本当にビックリした。銀座「ライオン」はここまではやらない。聞くところによると、ここアルテリーベは過去何回も閉店の憂き目をみたのだが、そのたびにファンの要請で復活、いまは個人のファン数名がスポンサーになる「有限責任事業組合」としてスタートしたのだという。だから、お客さんを愉しませる精神が浸透しているのだろう。

Sh3k04450001_2

もちろん、浪川さんの歌も素晴らしい。何が素晴らしいかって?まず、コスチューム(笑)。ドイツ風というか、チロル風というか・・・・コスプレまがいで可愛らしい。いや、コスプレは浪川さん自身が言っていることなので、ここに書いても良いのだ。まったく浪川さんは愉快な人だ。

もちろん歌も忘れてはならない。素晴らしい持ち歌を沢山ご披露してくれた。「ライオン」でも歌ったと思うが、「私のお父さん」。そして、オペラ「トスカ」から、テノールの名アリア「星は光ぬ」と並び、人気絶大のタイトルロールのアリア「歌に生き、恋に生き」の絶唱は見事!

Sh3k04410001_2

そうそう、「星は光ぬ」で思い出したが、先週末渋谷「ヒカリエ」を視察した。開業して一ヶ月余り。すこしは落ち着いたかと思い、見に出かけたのだが、まだまだ大変な混みようだった。このヒカリエは「大人の女性のためのショッピング施設」と銘打つだけに、ターゲットを絞り込んだ潔さを感じた。8フロアのうち空いているのはコスメチックの階だけで、あとは大盛況。特に雑貨のフロアは歩くのにも苦労するほどの混みようだ。ショップの一つ一つがなかなかユニークで、見ていて愉しい。

Img_about_03_2 

レストラン街も充実していて、大人の女性のオーガニック志向を反映した店が集められていた。店ごとのスペースの囲いが極力取り払われていてオープンなのも良い。伊勢うどんまであるのには驚いた。地下のスィーツも大人気で、サダハル・アオキのショップは大判マカロン目当ての女性で長蛇の列だ。

私は、友人が勧めてくれた京都「然花抄院」の生成りカステラを買い求めた。

Sh3k0448

後で考えたことだが、ヒカリエの前は東急文化会館だった。この屋上には有名な五島プラネタリウムがあったのだ。意外に、ヒカリエのネーミングは「星は光ぬ」から来ているんじゃないかなあ。

Img_about_01

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »