« 音楽が産む出会い | トップページ | 3つの「新世界」を聴く »

2012年5月 6日 (日)

一音入魂合唱団@熱狂の日

今年のゴールデンウィークもラフォルジュルネ(熱狂の日)で歌った。

毎年、丸の内合唱団で歌っていたが、今年は休団中であるのと、運営を巡って問題が発生していることがあるのは前のブログでも書いた。

004_2 

本番はとても楽しく思う存分歌えた。オーケストラとの共演は文句無く愉しく胸が躍る。また、今回の曲目、ボロディンの「ダッタン人の踊り」、チャイコフスキーの「1812年序曲」はともにド派手な曲で歌い映えする。特に1812年はご存知大砲の音が耳を劈く物凄さだし、舞台前に金管のバンダまでついた。お客さんは拍手喝采、ブラヴォーまで飛んでいた。合唱は男声が少なく、ちょいと心配だったし、演奏もまず合格点だと思うが、このラフォルジュルネは楽しく歌えることが大切なのだ。

545796_411465615544313_1000004263_2 

この日は生憎一日雨だったのだが、事前にチケットを購入している熱心なクラシックファンで会場は埋め尽くされ、立ち見もでる盛況ぶり。通常は30分のコーナーなのだが、我々は1時間も時間をいただいた。というのも聴衆参加のクイズコーナーがあって、とても楽しい番組だったのだ。イントロ曲当てクイズ、一音曲当てクイズまであったが、聴衆の皆さんは流石クラシックファンだけあってよくご存知だった。

579143_141346679323385_100003441627

前のブログで、一つの出会いを紹介したが、この本番の日、もう一つの嬉しい出会いがあったのだ。国際フォーラムの会場控え室につくと、なんと岸本マエストラがいるではないか!岸本さんとは、中野のスタバで思いがけず再会し、一音入魂とアマデウスオーケストラを主宰する指揮者の曽我大介さんと仲良しだということは聞いていた。だから、遊びに来たのか(笑)と思っていたのだが、話を聞いてみると、アマデウスオケに練習をつけていたというのだ。うーむ、なんてことだ。やはり中野のスタバで再会したのは運命的な結びつきだったし、二重のセレンデピュティということになるのだ。このあたりの経緯は私の下記ブログをご覧いただきたい。彼女の麗しき絵姿も貼り付けてありますから。

http://muko-dono.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-e0ec.html

舞台が跳ねて、「打ち上げ」にも一緒に来ていただき、親しくお話も出来た。一音入魂合唱団には、岸本さんが指揮をした、去年の藝大アーツ出演者も多くいるので、彼女を囲んで盛り上がった。そして、今年の藝大アーツでも、岸本マエストラの指揮で歌えたら幸せだな・・・・・ということになった。この後、彼女と合唱団のO嬢、私の三人がある暴挙(笑)に出るのだが、これはここでは書けない。まあ、打ち上げの席ということでお許しいただきたいのだが、それだけ今年の藝大アーツにかける思いが熱いのだ。

さて、この日のコンサート。歌友のA氏が客席最前列に陣取って、動画を収録してくれた。なかなか良い音で収録できているのでここにご紹介したい。録音・録画自体問題ないのかどうか定かではないのだが、アマチュアの演奏だから問題ないのかな。ただし、1812年の後半部分は、目の前がバンダだったので音が潰れてしまっている。


http://www.youtube.com/watch?v=MOQvu4l9QCw
http://www.youtube.com/watch?v=BFhJx26voO0

http://www.youtube.com/watch?v=rCZl4ubOG5Q&feature=g-upl
http://www.youtube.com/watch?v=2NmfuyfTNnw&feature=g-upl

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

|

« 音楽が産む出会い | トップページ | 3つの「新世界」を聴く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198925/45158501

この記事へのトラックバック一覧です: 一音入魂合唱団@熱狂の日:

« 音楽が産む出会い | トップページ | 3つの「新世界」を聴く »