« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月29日 (火)

大学の聴講生になって。

先週、大学時代の後輩である藤野達也氏の授業を聴講した。

後輩といっても大学は違う。今はなき「三木ハイム」という学生寮の後輩である。藤野氏は卒業後、民間企業に勤務したが、ひょんなことから岩村昇医師(アジアのノーベル賞といわれるマグサイサイ賞受賞)と知り合いになり、国際協力NGOの道に足を踏み入れた。以来30年余、神戸にあるPHD協会の中心人物として活躍、今回わけあって、東南アジアに移住する予定だという。

http://muko-dono.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-9729.html

Fijinosan2_2 

彼が日本を離れるに当たって、やはり同じ学生寮の後輩が、江戸川大学で教鞭をとっており、特別に講義をすることになったのだ。学生達に混じって、我々学生寮のOB約10人が集い、聴講した。

約1時間半の短い時間だったが、目からウロコの講演だった。というか、私が余りに国際協力に無知だったからかもしれないが。当日の講義を聴いて、私なりに例示を交えて解釈したのが以下である。

Sh3k0430

国際協力には段階があるという。まず、第一段階は直接的な支援。先進国と発展途上国との格差を埋めるため、資金や物資などを支援するもの。一番身近な国際協力であるが、対象となる住民の自立を阻害するというマイナスの影響もある。

第二段階は技術的な援助である。先進国の優れた技術を途上国に移転、定着させることにより、住民の生活を向上させる。現在、最も多く行われているパターンで、国際協力というとこのイメージが強いだろう。例えば、国際協力で病院を建設し、医師の教育もあわせて行うようなことも含まれる。事例として話されたのは、漁業を生業とするが自給自足の状態の住民がいるとする。そこに、漁具を与え、魚の獲りかたを教えるイメージである。

Sh3k0428

ところが、これが進むとどうなるか。漁師の例で言うと、魚が沢山獲れるようになり、それを村の市場に売りに行く。対価に貨幣を得る事になり、それで物品を買えるようになる。貨幣経済が導入されるということだ。生活の向上と経済の進化は不可分であるし、これ自体を否定するものではない。しかし、貨幣経済が導入されると、そのマイナス面も出てくるのである。住民の間に格差=貧富の差が生まれる。また、多くの先進国が人口の多い途上国の潜在的なマーケットを狙って進出してくる。これは、現地での雇用を含めて、広い意味の国際協力といえなくも無い。しかし住民の経済力が伴わないと、住民のわずかな富が搾り取られることになる。果ては、悪質なマイクロファインンス(慈善事業の名を借りた高利貸)の話まででる昨今である。

これが、本当に住民にとって幸せかどうかは、我々先進国の人間には判断できないし、押し付けてはならないのだと思う。講義で一番印象的だった話をしよう。ネパールだったか、食事の後片付けをしている女性の写真が出てきた。この村は都市からバスで3時間、歩いて1時間の奥地にある。カレーだったか、脂っこい料理が多いし、水も潤沢にはないので皿を洗うのには骨が折れる。どうしたものかと見ていると、煮炊きに使った薪の灰を持ってきて、それを皿につけて洗っているのだ。まさに生活の知恵である。

ところが近年は、こうした村にも雑貨用品店が出来、洗剤やシャンプーを売っているのだという。箱やボトルでは買うだけの資金が無いので、洗剤もシャンプーも数回分のパックに小分けして店に並んでいる。それを買うために金を稼ぐという構図。

確かに生活は便利になるのだろう。しかし、従来でも何一つ困っていなかったのだ。先進国が国際協力という名の下に、「結果として」持ち込んだ便利な品々や技術を競って入れる必要が本当にあるのだろうか・・・・という指摘である。

藤野氏は30年来、こうした国際協力に携わってきたのだが、近年上記のような矛盾に身をさいなまれ、とうとう組織を飛び出して東南アジアに身を投じることになったのだという。現地では、先進国が持ち込むものに対して、盲目的に受け入れるな・・・・と住民達に警鐘を鳴らしたいと語る。

我々、還暦を目の前にしてのまさに英断には敬意を表したい。こうした「警鐘」を1人でも多くの住民に聞いていただきたい。そして、「警鐘」は国際協力をする側である、我々にも向けられていることを肝に銘じたいと思うのだ。

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

つけ麺は、ちょっと苦手だけど・・・。

近年つけ麺がブームである。次々に新しいお店が出てくる。

ところが、どうもこのつけ麺、私は苦手なのである。あまりに濃厚なスープ。魚粉がしこたま入っていて粉っぽい。そしてあのうどんのような極太麺。このブログを書いていても、ちょっと胃がムカムカしてくる。

もっとも、以前はなんともなかった。こってりラーメンの代表格である「家系」も嫌いではないく、演奏会の前などは「滑舌を良くする」などと称して、脂ギトギトの家系ラーメンを食べていたのだ。それが苦手になったのは、近年患っている逆流性食道炎のせいだと思う。めっきり脂ラーメン嫌いになってしまったのだ。

中野の会社に来てから、中野はラーメン激戦区でもあり、ラーメンを食する機会も増えた。横道にそれるが、某オケ付属合唱団の練習場所が荻窪と池袋で、こちらも有名なラーメン激戦区ではある。会社の同僚がつけ麺のおいしい店があるというので、ちょと逡巡はしたものの出かけた。

320x320_rect_10498426_2  Main_img_r2_3

「中野 大勝軒」は知らない人はモグリだといわれる(私は知らなかったが)つけ麺発祥の店。麺は極太だが、歯ごたえが心地よく旨い。なにより驚いたのは、スープ(つけ汁)があっさりした醤油系であること。酢と辛味が入っていて、旨みがある。最近の「濃厚魚介とんこつ系」を食べて閉口している私にとって、大変に美味しいつけ麺であった。この味が発祥であり、王道なんだな。今の濃厚系は邪道なんだ・・・・と感じ入った次第。確かに若者には濃厚系が支持されるのだろうが、我々の世代はこの王道のつけ麺を食そうではないか。

320x320_rect_12847239

もう一つ、会社の近くにある「栄楽」。ここも大勝軒系のあっさり味で旨い。和風味と言い換えても良いだろう。平たいお皿に綺麗に麺が盛り付けてあるのも、お店のこだわりを感じる。キッチンをみると、年配の主人が、家族と思われる女性二人を使って切り盛りしている。お昼しか営業していないようだが、固定ファンがいるようで、いつも行列が出来る。

320x320_rect_9604181

つい最近発見した店赤羽エキュート内「舎鈴」。おそらく、ここが今まででピカ一だと思う。六厘舎系列ということで余り気乗りはしなかった。六厘舎は伝説のつけ麺店で、発祥の大崎本店が閉店してから、東京駅のラーメンストリートに出店。いつも長蛇の列である。私も、前を通りかかったとき、「今日は空いてるな」と感じ、それでも30分並んで食べた。確かに旨かったが、やはり魚粉たっぷりのドロドロ濃厚系で、後味は良くなかった。

320x320_rect_10718400

この「舎鈴」は六厘舎系の割には行列が無いので、ままよとばかり飛び込んだ。スープに驚いた。しつこくないのである。そして、なんともいえない旨みがある。上手い表現が見当たらないが、濃厚系と和風系の間に位置するというべきか。あっさりしているのに旨みがある、奥深い味のスープなのである。「食べログ」の投稿を見ると、つけ汁があっさりしすぎて麺に絡まない・・・などど、不評の意見が散見されるが、これは若者のコメントだろう。若者には味の奥深さなどは分かるまい。チャーシューを刻んだものとチャーシューをほぐしたトッピングが味のアクセントになっている。

Sh3k0417_2 

つけ麺のお楽しみは、麺を食べてからの「スープ割り」だが、ここのスープ割りは更に旨い。なんということか、スープを全て飲み干してしまった。

私にとって、このつけ麺は最高だ。ネットで調べてみたら、丸の内のiiyo!にも出店しているらしい。やはりオトナの味だ。

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

3つの「新世界」を聴く

ここ数ヶ月で3つの「新世界」を聴いた。

ドヴォルザークの交響曲第9番は「新世界」の名前でも有名な超通俗名曲である。新世界をコンサートで聴くなんて、おそらく数十年振りである。立て続けに3回連続というのも極めて異例のことだ。しかし、演奏は三者三様。これがクラシック音楽の愉しいところである。

Imagesca5guqmr

一つ目は、3月2日新日本フィルの定期演奏会。そもそも、定演でこんな通俗曲が採り上げられるのは珍しい。定演の演目は、ちょっと奇をてらった通好みの曲が多いのだ。通俗曲はだいたい「なんちゃら名曲コンサート」といった枠で演奏されることが多い。通俗、通俗と連呼しているが、通俗曲=レベルが低いということではない。今回新世界を続けて聴き、やはり素晴らしい名曲だなと感じ入ったのである。

新日フィルの指揮はスピノジ。フランスの中堅指揮者である。演奏は才気煥発というか、何かをやってくれるのではないか・・・と飽きさせない。小柄な身体をフル回転させて、スピード感よく前進する。その新鮮さが心地よいのである。これまでの旧弊にとらわれない解釈というか、そうだからといって奇をてらうことなく、そこには新しいドヴォルザークの音楽が鳴っている。

1329802352_photo_2 

二つ目は、翌週の3月9日、大友直人指揮@初台オペラシティホール。実はこのコンサートは一般に公開されたものではなく、大手町にある某大手総合商社主催のプライベートコンサートだったのだ。商社のお取引様や、外国の大使?など、招待客は多士済々。私はコンサートを企画・運営している人物と歌友で、お招きいただけたのだった。

もう一つ、面白いのは、オーケストラが特別なこと。「一夜限りのスペシャルオーケストラ」と銘打った企画で、在京を中心とした11のプロオケのトップ奏者を中心に臨時編成された、なんとも贅沢なオーケストラなのだ。資金的にも大手企業でなくては出来ないイベントだ。

201007130003_b_2 

大友の指揮は、まことにオーソドックスな演奏。我々の期待を裏切らない安堵感と豊かさがある。「新世界」とはこういう演奏で聴きたいと思わせる。実は、先のスピノジの新日本フィルのチェロ奏者がこのコンサートにも出演していた。彼とはフェイスブックで顔友なのだが、彼曰く「安心して弾けた」演奏だったようだ。一流奏者とはいえ臨時編成なので、合わせも大変だろうと思うが、アンサンブルは整っていたし、とても立派な演奏だった。

さて、最後はチョン・ミョンフン指揮の東京フィルハーモニー。この日は東フィル創立100周年特別演奏会だった(ご招待だが)。はじめて知ったのだが、東フィルは日本最古のオーケストラで、発祥はなんと名古屋の松坂屋の少年音楽隊だったという。驚きである。本来は昨年が100周年だったが、大震災で記念演奏会は今年に延期されたとの事。

Maestro

チョンの指揮は、ダイナミズムに富み、鋭角的でコントラストがハッキリしていること。少なくとも、私の好みとは違うが、とても力感溢れる演奏だった。きっと、オケに対しても指導は厳しいのだろうな。東フィルは新星日響と合併したため楽団員は150人にも及ぶ、日本最大のオーケストラである。ざっと数えただけでも、コントラバスが12人もいたのだから、第一バイオリンは20挺はあったのだろうか。トゥッティで弓が林、いや森のごとく林立する様は壮観である。

この日の呼び物は、150人編成による、ラヴェルのボレロ。サントリーホールのP席に陣取ったバンダは20人もいただろうか。フィナーレの豪壮なことといったら、おそらく空前絶後であろう。

そして、アンコールはウィリアムテル序曲。この曲はチョンが好む曲のようで、オーケストラが総立ちになって演奏していた。客席の拍手も鳴り止まない。とうとう、チョンが舞台からヒラリと客席に飛び降りて、客席からオケを拍手で褒め称えるた。チョンもいいところあるなあ。

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

一音入魂合唱団@熱狂の日

今年のゴールデンウィークもラフォルジュルネ(熱狂の日)で歌った。

毎年、丸の内合唱団で歌っていたが、今年は休団中であるのと、運営を巡って問題が発生していることがあるのは前のブログでも書いた。

004_2 

本番はとても楽しく思う存分歌えた。オーケストラとの共演は文句無く愉しく胸が躍る。また、今回の曲目、ボロディンの「ダッタン人の踊り」、チャイコフスキーの「1812年序曲」はともにド派手な曲で歌い映えする。特に1812年はご存知大砲の音が耳を劈く物凄さだし、舞台前に金管のバンダまでついた。お客さんは拍手喝采、ブラヴォーまで飛んでいた。合唱は男声が少なく、ちょいと心配だったし、演奏もまず合格点だと思うが、このラフォルジュルネは楽しく歌えることが大切なのだ。

545796_411465615544313_1000004263_2 

この日は生憎一日雨だったのだが、事前にチケットを購入している熱心なクラシックファンで会場は埋め尽くされ、立ち見もでる盛況ぶり。通常は30分のコーナーなのだが、我々は1時間も時間をいただいた。というのも聴衆参加のクイズコーナーがあって、とても楽しい番組だったのだ。イントロ曲当てクイズ、一音曲当てクイズまであったが、聴衆の皆さんは流石クラシックファンだけあってよくご存知だった。

579143_141346679323385_100003441627

前のブログで、一つの出会いを紹介したが、この本番の日、もう一つの嬉しい出会いがあったのだ。国際フォーラムの会場控え室につくと、なんと岸本マエストラがいるではないか!岸本さんとは、中野のスタバで思いがけず再会し、一音入魂とアマデウスオーケストラを主宰する指揮者の曽我大介さんと仲良しだということは聞いていた。だから、遊びに来たのか(笑)と思っていたのだが、話を聞いてみると、アマデウスオケに練習をつけていたというのだ。うーむ、なんてことだ。やはり中野のスタバで再会したのは運命的な結びつきだったし、二重のセレンデピュティということになるのだ。このあたりの経緯は私の下記ブログをご覧いただきたい。彼女の麗しき絵姿も貼り付けてありますから。

http://muko-dono.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-e0ec.html

舞台が跳ねて、「打ち上げ」にも一緒に来ていただき、親しくお話も出来た。一音入魂合唱団には、岸本さんが指揮をした、去年の藝大アーツ出演者も多くいるので、彼女を囲んで盛り上がった。そして、今年の藝大アーツでも、岸本マエストラの指揮で歌えたら幸せだな・・・・・ということになった。この後、彼女と合唱団のO嬢、私の三人がある暴挙(笑)に出るのだが、これはここでは書けない。まあ、打ち上げの席ということでお許しいただきたいのだが、それだけ今年の藝大アーツにかける思いが熱いのだ。

さて、この日のコンサート。歌友のA氏が客席最前列に陣取って、動画を収録してくれた。なかなか良い音で収録できているのでここにご紹介したい。録音・録画自体問題ないのかどうか定かではないのだが、アマチュアの演奏だから問題ないのかな。ただし、1812年の後半部分は、目の前がバンダだったので音が潰れてしまっている。


http://www.youtube.com/watch?v=MOQvu4l9QCw
http://www.youtube.com/watch?v=BFhJx26voO0

http://www.youtube.com/watch?v=rCZl4ubOG5Q&feature=g-upl
http://www.youtube.com/watch?v=2NmfuyfTNnw&feature=g-upl

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »