« 私たちはなにを聴いているか | トップページ | ああ、三重苦! »

2012年3月11日 (日)

大切な日にココロに染みわたる音楽を聴く

今日は東日本大震災の一周忌。全国各地で慰霊と復興の催しが開かれたが、私は鎌倉建長寺に出かけた。

Sh3k0272

建長寺では「東日本大震災~1年目の祈り~」と題して、大きな催しが行われた。今日は入場料(拝観料)無料というのも力の入れようが分かる。催しでは被災者のお話や、仏教・神道・キリスト教など宗派を超えた合同法要が営まれ、最後には鎌倉在住の女優石田ひかりさんも詩を朗読した。

Sh3k0273

Sh3k0277

実を言うと、私はこれが主眼で出かけたわけではない。フェイスブックを見ていたら、顔友&クラ友(クラシックつながりの友人)が主宰するクラシック音楽のマネジメント会社が、本日の催しに登場することを見つけたからなのである。

アズアーテイストという会社。まだ設立されて数年のマネジメント会社だが、主にヨーロッパ留学帰りの若手女性アーティストを擁し、積極的に活動している。特に各地の寺院でのコンサートを手がけているほか、震災後は被災地に出かけるなどチャリティコンサートにも熱心で、大変立派な活動をされている。

http://www.azartist.jp/01what/what.html

昨年秋も台湾の若手二胡奏者とのコラボレーション(大震災復興祈念)が表参道であり、ご招待いただき聴きにいったが、大変素敵なコンサートであった。

http://muko-dono.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-22ad.html

本日は曹洞宗の若いお坊さん達有志による復興支援の組織「スジャータプロジェクト」が主催するチャリティーコンサートである。演奏会場である建長寺の法堂の天井には小泉淳作による「雲竜図」が描かれている。

Sh3k0279

出演者は以下。

津軽三味線:福居一大
中国琵琶:シャオ・ロン
キーボード:城之内ミサ
弦楽カルテット:アズアーティスト

前半は津軽三味線の福居さんとアズの皆さんの演奏。アメージンググレイスやジュピターが、ストリングスと三味線の掛け合いで美しく演奏された。そして、津軽三味線といえばこれ、じょんがら節がソロで演奏された。津軽三味線をナマで聴くのは初めてだが、福居さんはコンクールで優勝した実力者。素晴らしいテクニックと胸を打つ迫力には圧倒された。

Sh3k0281

後半はユネスコ平和芸術家の称号を持つ城之内ミサの登場。この称号は世界でも50人、日本人でも3人程度しかいないという。彼女はキーボードを弾きながら指揮をしていたが、演奏は彼女の作曲による美しい曲。中国琵琶のシャン・ワンが凄い。日本の琵琶はバチで弾いて演奏するが、中国琵琶は素手。クラシックギターの演奏に近い。しかし、音色は力強く、そして哀愁を帯びた甘い香りがする。トレモロの繊細さも素敵だ。

2

アズアーティストの皆さんはあまり演奏の表に出ることは無かったが、ソリストを優しく包み込む名伴奏振り。時折ソロを聴かせてくれたが、皆さん技量も確りしていて音楽も容姿も美しい!

でも、お寺のお堂の寒いこと。扉は開けっ放しだから風も吹きさらし状態。そんな中で、ステージ衣装で頑張るアズの皆さんには、本当に頭が下がります。マネジメントをされている門ゆりさんに演奏後ご挨拶をしたら、アズの皆さんがたは、お寺だけに「修行」のつもりで演奏しているのだと。聴衆も底冷えがして寒かったが、被災地の方のことを思うと、これくらいで根は上げられない。

門さんは、「美しすぎる」マネージャーであります。

1_2 

震災後一年という区切りに、なにも出来ない私達だったが、建長寺の追悼式で祈ることが出来、またチャリティコンサートで微力ながらお役に立ててよかったと思う。お堂は寒かったが、我々の心はとても暖かく、そして気持が熱くなるのを実感したメモリアルデイであった。

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

|

« 私たちはなにを聴いているか | トップページ | ああ、三重苦! »

コメント

建長寺は臨済宗だと思います。

大したことではないかもしれないですが、たまたま拝見しましたので、お知らせです。

投稿: | 2012年3月14日 (水) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198925/44456273

この記事へのトラックバック一覧です: 大切な日にココロに染みわたる音楽を聴く:

« 私たちはなにを聴いているか | トップページ | ああ、三重苦! »