« オペラ界の氷川きよし 志田雄啓を聴く | トップページ | 最古のビッグバンド健在 »

2011年11月27日 (日)

あなたは 私の 青春そのもの

荒井由実の「卒業写真」のフレーズである。

昨日、大学時代の男子学生寮のOB会があった。当時のT寮長が喜寿を迎えるというので、約25人が集まった。「三木ハイム」という名前の学生寮だが、大学や出身地のそれではなく、カトリックのイエズス会が運営していた珍しいものだった。「三木」は殉教した26聖人の1人、パウロ三木に因むもの。私の中学高校がカトリックだったのだが、姉妹校の子弟を中心に、様々な大学の寮生が集まっていた。T寮長は神父様で上智大学の講師もしていたのだ。写真は当時の寮のプレート。

Sh3k0042

カトリック系というと品行方正なイメージが強いが、それはイメージだけ。酒、タバコ、麻雀、女?という極めて自由な雰囲気であった。私なんぞは、高校生までは抑圧された勉学人生(笑)をおくってきたので、大学に入ると同時にこの寮にお世話になったおかげで、どれだけ人生観が変わったか計り知れない。

Sh3k0047

いまや喜寿を迎えるT寮長は非常に短気な性格で、気に入らないことがあると(多くの場合は寮生の不始末なのだが)、怒りを爆発させる。夜中でも近所の迷惑を顧みず怒鳴り散らす・・・かなりの変人ではある。しかし、心根は優しく、憎めない人なのだ。ついでにいうと、井上ひさしの「モッキンポット師」は彼がモデルであるとの説もある。一方で、松本清張の「黒の福音」の舞台となったスチュワーデス殺しの館がこの三木ハイムで、私が生活していた当時は、怪奇現象もあったと聞く。

Sh3k00520001

いまや三木ハイムは取り壊され、イエズス会の施設になっているが、当時の仲間に会い、当時の思い出話をするにつけ、本当に懐かしい。ほぼ毎年1回、寮長を囲む会が開かれているが、今回はお祝いの会なので盛大に執り行われた。当時の写真をスライド化して上映したりして、実に楽しかった。

Sh3k00510001

その中に私の写ったスライドが一枚あった。三木ハイムでは毎年寮祭があったが、その最大のイベントが「ヒットパレード」。男子が女装して歌うのだ。当時はカラオケなんかなかったから、これも寮生のバンドが徹夜で伴奏音楽を作っていた。私が歌った金井克子の「他人の関係」がこのスライドである。とくとご覧いただきたい。画質が悪いので見苦しいが、被写体も見苦しいかもしれない(笑)。バックコーラスも寮生(先輩)である。ちなみに、他の年は山口百恵の「ひと夏の経験」、4年生の時は、浴衣に金銀紙を貼り付けて三波春夫の「おまんた囃子」を歌った。

私の学生時代の寮生活・・・・・それは、私の青春そのものだった。

音楽ブログランキング ここをクリックしてください。コッソリ見ている方も、一日一回クリックしてください。フェイスブックの方も、ブログ本編にもどりクリックしてください。

|

« オペラ界の氷川きよし 志田雄啓を聴く | トップページ | 最古のビッグバンド健在 »

コメント

懐かしい
私も学生時代、三木ハイムにお世話になりました。
当時は、スペイン人のM神父が寮長でT神父は、副寮長でした。
そういえば、一回夜中に馬鹿騒ぎして次の日無茶苦茶怒られた思いがあります。(次の日大掃除でT神父は、掃除用のバケツを蹴り跳ばしていました(^_^;)
卒寮生が集まってたなんて知りませんでした~
お世話になったM村さん(よくB.スプリングスティーンを聴いていた) 元気かなー。

投稿: スズキ | 2012年4月10日 (火) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198925/43167697

この記事へのトラックバック一覧です: あなたは 私の 青春そのもの:

« オペラ界の氷川きよし 志田雄啓を聴く | トップページ | 最古のビッグバンド健在 »