« JUJUの「バードランドの子守唄」 | トップページ | あなたは 私の 青春そのもの »

2011年11月24日 (木)

オペラ界の氷川きよし 志田雄啓を聴く

藝大オペラ「カルメン」でお世話になった、テノール志田雄啓さんのコンサートを聴きにいった。

314350_206455122761877_100001921723

私が代表を務める「丸の内フェスティバルシンガーズ」(MFS)は先月末、丸ビルで行われた「藝大アーツin東京丸の内」のトリである藝大オペラ「カルメン」に合唱で出演したのはご高承のとおりだが、このときドン・ホセ役を演じたのが志田さんである。

打ち上げの時に、今日のコンサートをご紹介いただき、聴きにいったのだ。「東日本大震災チャリティーコンサート」と銘打った演奏会は、志田さんほか荒川区に縁のある歌手が出演した。場所はサンパール荒川大ホール。

印象を一言でいうと、大変に楽しく、そして志田さんのお人柄が滲み出るような、暖かいコンサートであったといえよう。

プログラムは、カンツォーネから始まり、ドイツ歌曲、ミュージカルもあり、日本の四季の歌曲メドレーが前半。後半は聴衆も参加したドレミの歌のあとは、聴き応えのあるオペラアリア・・・とてんこ盛り。曲目はポピュラーなものが中心だが、演出もよく考えられており、大変に楽しめた。

印象に残ったものをいくつかピックアップしてみたい。面白かったのは、志田さんのシューベルト「魔王」。この曲は1人で父親、息子、魔王の三役を歌いこなすのが妙味であるが、志田さんは落語家よろしく、上手、下手、中央と役柄によって向きを変えて歌った。ガスタルドン「禁じられた音楽」、フォルヴォ「彼女に告げてよ」はいずれも男の恋心を歌った名曲だが、外交的、内向的と異なる性格を美しく歌いあげた。トリのネッスン・ドルマ(誰も寝てはならぬ)は聴衆も熱狂する絶唱であった。志田さんは日本音楽コンクール声楽部門(オペラ)で一等をとった、大変な実力者だが、気取らず親しみのもてる得がたい性格である。リートを歌っても、思わず手で表情を作るなど、とても熱いパッションを持っている。それは、藝大オペラ「カルメン」でも遺憾なく発揮されていたのだった。

さて、素晴らしい共演者についても触れておかねばなるまい。ソプラノの平中麻貴さん。藝大の修士課程という若手だが、初々しさもさることながら、コロラトゥーラの技巧はたいしたものだ。透明感ある繊細な声で歌ったデラックアの「ヴィラネル」、そして超絶技巧の名曲ドリーブのラクメから「鐘の歌」は聴衆をうならせた。

Hiranakamaki270_2 

そして、メゾソプラノの栗田真帆さん。彼女はメゾでも良く高音域の出る声を持っている。艶やかで伸びのある美声である。しっとりとした雰囲気で魅了させられた。カルメンのハバネラも良かったが、日本歌曲の「初恋」は情感たっぷりで秀逸。それに、立ち姿が艶やかで、脇に控えている時も「絵」になっているのは流石である。

Kurita270

最後に、ピアノの真島圭さん。二時間弾きっぱなしは立派だが、大変味のある巧みなピアノを聴かせてくれた。作曲家としても受賞歴が多く才能のある音楽家である。

今日のサンパール荒川の聴衆はオバちゃん・・・失礼、中高年の女性が圧倒的多数を占めていた。下町という場所柄もあるのかもしれないが、多くの方が志田さんを目当てに来場しているように思えた。終演後ロビーに出ると、複数のご夫人から、「志田君よかった」という声を聞いたからである。それだけ、志田さんは荒川という地元に密着し、荒川に愛されているのだろう。こうした心温まるコンサートはなかなか無いものだ。風貌はずいぶんと違うが、志田雄啓はオペラ界の氷川きよし・・・・なのである。

308182_301158306569210_2175620782_2

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

|

« JUJUの「バードランドの子守唄」 | トップページ | あなたは 私の 青春そのもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198925/43120948

この記事へのトラックバック一覧です: オペラ界の氷川きよし 志田雄啓を聴く:

« JUJUの「バードランドの子守唄」 | トップページ | あなたは 私の 青春そのもの »