« 金曜日のピアニスト | トップページ | カルメンを観た! »

2011年10月29日 (土)

カルメンの世界

藝大オペラ「カルメン」の第一回公演が終わった。

丸の内フェスティバル・シンガーズが出演する藝大オペラ「カルメン」・・・楽しかった。通し稽古&リハーサル&本番(第一回公演)だから、実質2回半くらい歌った勘定になる。

二ヶ月間、都合10回弱の練習を経て、ようやくここまで来たなという感慨がある。フランス語の発音に四苦八苦したのも良い思い出。藝大の先生からデクションから教わったのは大変貴重な経験だった。

ソリストは藝大のプロの方々だから上手いのは当然だが、合唱団はアマチュア。しかもこのイベントのために編成したユニットなので、なかなかまとまらず、指導の先生方をハラハラさせたのも想像に難くない。

301680_233046816757206_1000015566_2   

しかし、本番は思い切り歌えたのではないかな。合唱指揮・指導の岸本マエストラにもお褒めの言葉をいただいた。ラテン気質のタッキー氏がマエストラから聞いた話では、練習とまるっきり出来が違うのでサプライズだったらしい。プロっぽい合唱だったとも仰ったらしい。最大の賛辞かもしれないな。

Dsc_0114_2

丸の内合唱団の団員あよびOG・OBが多くを占めるこの丸の内フェスティバル・シンガーズ。丸の内合唱団のよき伝統である「本番に強い」本領を発揮したのだと思う。

Dsc_0109

我々の話だけをしていたのでは申し訳ない、ソリストの方々の大熱演に圧倒された。クラシックの世界では「熱演」は褒め言葉ではないとも聞くが、今日のソリストたちは本当に真に迫る熱演であり名演であったと思う。これはソリストの方々の技量でもあるが、オペラは総合芸術である。指揮の岸本マエストラ、ピアノの森島先生、そして演出の直井先生と岸本先生。大御所の直野先生や総合プロデューサー=藝大アーツの生みの親である瀧井先生のお力を忘れてはいけない。

さて、もう終わったような気分ではいけないのだ。明日の2回の公演が残っている。当然、今日よりももっと素晴らしく、そして楽しい演奏を聴衆の皆さんにご披露しようではないか!

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

|

« 金曜日のピアニスト | トップページ | カルメンを観た! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198925/42743265

この記事へのトラックバック一覧です: カルメンの世界:

« 金曜日のピアニスト | トップページ | カルメンを観た! »