« 大きな前進 | トップページ | そして・・・・・混乱 »

2011年9月 4日 (日)

スタバで待ってる!

スタバで待ってる!

今日はサントリーホールに三菱ダイヤモンドコンサートを聴きにいった。三菱グループ各社の合唱団、特に銀行、電機、地所の三社の合唱団がコアなのだが、ほぼ2年に一度オーケストラ付きの大曲を採り上げる。

三菱グーループという成り立ちや、丸の内合唱団と団員がだぶることもあり、出演者にも観客にも顔見知りが沢山いる。事前に会場でお会いしましょうと約束したオバチャマがいたので、終演後サントリー1階の「スタバで待ってる!」と伝えて席に着いた。

3_b27014dcad8cf19a2e6c6128c0c231a_2 

ドヴォルザーク作曲のこの宗教曲は私にとって初物。1時間半に及ぶ大曲だが、非常に聴き応えがあった。この歌詞に曲をつけた作曲家は600人にも及ぶといわれるほどの人気曲(歌詞)で、私もペルコレージヤロッシーニが作曲したものは聴いている。

Images

これほど人気を博しているのは、主人公が聖母マリアであることが大きいのだろう。欧州キリスト教社会においては、父なる神が厳然と聳え立つが、反面人々の心の拠り所であり、慰めでもある母なる神を聖母マリアが代表しているのだ。十字架にかけられたイエズス・キリストの足もとで、聖母マリアがわが子の死を嘆く・・・という構図は、キリスト者であれば万人の胸を打つものに違いない。

ドヴォルザークの同曲は予想に反して、極めて振幅の大きな劇的なものだった。ドヴォルザークといえば、超有名曲「新世界」の第二楽章のように、民謡調の親しみやすい旋律を思い出すし、この宗教曲の中身からして、センチメンタルな曲想が想像された。しかし、第一曲からして極めて劇的で、合唱全開の迫力満点さには度肝を抜かれた。

もっとも、第4曲や6曲のように、叙情的な親しみやすいメロディーはやはりドヴォルザークならではのもの。また、全曲を通じて、民族色溢れるリズムや音色は、クラシック音楽の本流である西欧作曲家とは一線を画し、大変ユニークな音楽となっている。

Hirokami_junicni20main

指揮は、ベテランの域に達しつつある広上淳一。ある時は操り人形、またある時は蛸踊り(そういえば顔も似ている)のような腕の動きがユニークだが、表現される音楽は、メリハリが利いて、大変オーソドックスなもの。謙虚な人柄が滲み出てくる演奏でもあった。

ソリストも上々。なかでも吉田浩之の美声にはいつも酔いしれる。日本を代表するリリコ・テノールだが、彼が歌いだすと宗教曲もオペラの世界に転じてしまう。まあ、ドヴォルザークも自身のオペラでは成功しなかったが、ヴェルディに心酔していたようだから許されるのだろう。

合唱も健闘していた。なにせ総勢200人からを纏めることだけでも大変。もちろん、欲を言えばきりがないが、アマチュアの合唱にとってソプラノの天上からの高音は永遠の課題であろう。男声はテノールが終曲まで美しい声をキープできていて聴き応えがあった。終曲にはアカペラの部分があるが、合唱団の聞かせどころだろう。果たしてバランスのよさと迫力には圧倒された。

いけない!

この曲の名前を言うのを忘れた。曲名は冒頭の「スタバで、待ってる!」・・・・いや「スタバト・マーテル」(笑)。終演後、スタバで家内が連れてくるオバチャマを待ちながらアイス・チャイで喉を潤した。お後がよろしいようで。

音楽ブログランキング ここをクリックしてください

|

« 大きな前進 | トップページ | そして・・・・・混乱 »

コメント

行員時代に知っていたら入団希望していたかもしれません。誰も教えてくれなかったのでそんな合唱団の存在、知りませんでした!
でも、毎日残業残業であの頃はあの頃で趣味や習い事に費やす時間なんて皆無だったかも・・・・。

投稿: pipi | 2011年9月 5日 (月) 17時51分

まずムコ殿さんの思うツボに見事にはまりましたよ。
最後のオチに笑ってしまったのです。
嗚呼・・・やられたhappy01
三菱ダイヤモンドコンサートご来場誠にありがとうございます。
広上先生の指揮は本当に心地よくて、この時間が終わらないでほしいという思いでいっぱいでした。また歌いたいです~。

>pipiさん
今からでも間に合います!
2年後はぜひご一緒しませんか~?
詳細はこんどぜひ!!

投稿: すぬぅぴ | 2011年9月 5日 (月) 21時56分

すぬぅぴさん

喜んでもらえてないによりです。
結構、このブログ評判良いのです。
我ながら会心の作(笑)。

pipiさん

OB、OGも大丈夫ですよ。
団長が隣に住んでますから、よろしければ頼んでおきます。
すぬぅぴさんもご一緒にと言っていますし。

投稿: ムコ殿 | 2011年9月 5日 (月) 22時25分

昨日の素晴らしい演奏を思い出しながら、楽しく読ませていただきました。
奥が深いブログで、私のブログを読まれたことが恥ずかしいです。
以前社外の合唱団にいたことがありましたが、東京への異動とともに練習に通えなくなり退団しました。
その後、会社の合唱部への入部を迷っているグループ企業の人間です。
昨日のコンサートで、歌いたい病がウズウズと…。

投稿: もっち | 2011年9月 5日 (月) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198925/41504819

この記事へのトラックバック一覧です: スタバで待ってる!:

« 大きな前進 | トップページ | そして・・・・・混乱 »