« 合唱指揮者・・・ほど素敵な商売はない!? | トップページ | メサイア at LFJ 大成功! »

2010年4月20日 (火)

メサイアはここで生まれた!

いよいよ5月3日、ラフォルジュルネで丸の内合唱団が「メサイア」を歌う。

先般、イギリスに行ったおり、時間を見つけてヘンデルハウスを訪ねた。ヘンデルハウス(Handel House Museum)はロンドン市内にあるヘンデルの住居跡に作られている。ロンドンといっても広大だが、ブルック・ストリート25番地というから市内も市内、ウエストエンドの中心地である。

http://www.handelhouse.org/

ヘンデルはここで1723年から亡くなる1759年まで暮らしていたのだ。木造4階建て。思いのほかワンフロアーは狭くせせこましい印象だが、ヘンデルは音楽家として成功し裕福であったから、これでも当時は立派な住居だったのだろう。上の写真は表通りから。入口は裏通りにある(次の写真)。

Lightopia_203 Lightopia_202

当時の家具やベッド・・・・もちろん楽器も陳列されている。というか、当時のままに再現されていて、いまでもヘンデルが住んでいるかのようだ。ヘンデルの自筆の楽譜や当時の書物、絵画などが飾られていて雰囲気万点である。

Lightopia_201 Rehearsal_room_2_250_3

ヘンデルはここであの「メサイア」や「王宮の花火の音楽」などを作曲したのだ・・・・と思うと感慨に堪えない。マルガツの「メサイア」でも、ここヘンデルハウスを思い出して歌いたい(笑)。

Indexportrait

幸運なことに、部屋を巡ってゆくうちに、大広間(といっても20畳もないくらい)=当時のリハーサル・ルームでミニ・コンサートをやっていたのだ。ハープシコードとソプラノによる独唱。ハープシコードはBridget Cunningham イギリスの中堅女流のようだ。解説も交えながらヘンデルのハープシコード曲集から数曲を抜粋して弾いてくれた。もちろん、あの「調子の良い鍛冶屋」もである。ハープシコードはリュッカース・モデル(レプリカ)。部屋が狭いこともあるが、その音色・響はあるときは優雅に、そしてダイナミックに胸に迫って離れない。ハープシコード伴奏の独唱も美しい。オペラアリアから数曲。歌劇「リナルド」の名曲「私を泣かせて下さい」には感動した。下記動画はカニンガム本人のハープシコード。リナルドは別歌手の参考動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=ABLb3ls2m_g&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=RcP83h9AQmc

ヘンデルハウスでのひと時・・・・なんとも贅沢な時間であった。ショップで神尾先生にはメサイアの解説本、ミナエちゃんにはメサイア自筆のトートバッグを買い求めた。

Lightopia_204

面白いのは、ヘンデルの住居の隣の建物に(といってもくっついている)伝説のロックギタリスト、ジミ・ヘンドリックスが住んでいたこと。ジミはあえてヘンデルの隣を意識したのかどうかは分からないが、通りから見ると、2人の偉大なミュージシャンのプレートが並んでいるのが不思議な感じがした。

Lightopia_205 Lightopia_206

音楽ブログランキング ここをクリック

|

« 合唱指揮者・・・ほど素敵な商売はない!? | トップページ | メサイア at LFJ 大成功! »

コメント

I had got a desire to begin my own commerce, but I didn't have got enough of cash to do that. Thank heaven my close mate recommended to use the credit loans. So I received the bank loan and made real my old dream.

投稿: SoniaSCOTT | 2011年7月19日 (火) 04時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198925/34314874

この記事へのトラックバック一覧です: メサイアはここで生まれた!:

« 合唱指揮者・・・ほど素敵な商売はない!? | トップページ | メサイア at LFJ 大成功! »