« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月28日 (日)

ヘンデルの国で、考えたこと

イギリス出張から帰ってきた。

先々週の土曜日から、この土曜日まで一週間。現地でも時差に悩まされていたが、帰国したら帰国したで、また時差の苦しみが・・・・・。体中が硬直していて(笑)今日はマッサージに行ってきた。英語を聞き取れない、話せない「二重苦」生活だから心身ともに緊張していたのだろう。それでも、海外は好き。まずは、現地で病気もせずに無事に帰ってきたことを喜びたい。

エディンバラ→グラスゴー→マンチェスター→ロンドンという強行日程。エディンバラ以降、国内の移動は鉄道を使ったので、これも面白い経験であった。イギリスは日本と違って、上下分離。つまり鉄道インフラと列車運行会社が分離しているので、同じ路線を複数の運行会社が走っているのだ。移動列車はいずれも飛行機と同じヴァージンアトランティック。ヴァージンが列車運行も経営しているのを始めて知った次第。

さて、このブログでは仕事のことを書かない主義なのだが、イギリスで思ったことを少々書きとめよう。イギリスでは地方の独立色が強いように思う。郷土愛といっても良いだろう。侵略と併合の歴史だからかもしれない。私はベンチャー企業育成に関わる仕事をしているのだが、日本と同じように首都=ロンドン一極集中が進む中で、地元の企業育成にこだわる同業が存在することをまぶしく感じた。

大学発のベンチャーに良いシーズがあることもうらやましい。日本にも大学発ベンチャーは沢山あるし、かつてはブームを呈したこともあったが、現在はネガティブな状態といえるだろう。これには色々な要因が絡み合っているのだが、経営者のありかたが一番の問題だと思う。イギリスでは、経営と技術が上手く分離していてマーケティングや管理体制が確り運用されているようにみえた。大学の研究者で、いくら技術が素晴らしくても、経営者としての力量は未知数である。であれば、良い経営者をスカウトしてくればよいのだ。それが日本ではなかなか出来ないつらさがある。

もうひとつ。イギリスでは、小粒でもキラリと光る企業が探せば出てくること。アメリカのシリコンバレーなどでは、起業から成長過程で、巨額の資金を要する企業が多く、色々なファンドが寄ってたかってファイナンスをつける。これでは、我々日本勢としてはなかなか太刀打ちできない。イギリスでは、事業展開において日本とのシナジーを必要とする企業で、小額でも日本からのファイナンスに応じてくれる適当な規模の企業が見つかるようだ。また、そもそも小規模ファイナンスを扱う同業がイギリスには少ない事情もある。

以前は、日本の同業たちもイギリスマーケットを扱っていたようだが、ただ今現在は私の属する会社しかない・・・・というか、今回出張に同行した社員しかいないと本人の弁。イギリスはいわばニッチ戦略だが、楽しみなマーケットでもある。

今回の出張では、私得意の(笑)例の「偶然」があった。これは後日このブログに書こう。そうそう、ヘンデルとの出会いについても・・・・お楽しみに。

音楽ブログランキング ここをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

ヘンデルの国へ、行ってきます

丸の内合唱団では、ただいま現在、ヘンデルの「メサイア」の練習を続けている。本番はまず5月連休のラフォルジュルネ音楽祭である。

さて、今回「ヘンデルの国」へ出張することになった。そう、イギリスである。ヘンデルはドイツでバッハと同じ年に生まれた。しかし、後にイギリスに移住、そして帰化したため、今では一般的に英国の音楽家と認識されているようだ。だから、かの地では、ヘンデルではなく「ハンドル」とか「ハンデル」と呼ばれているそうな。

250pxhaendel

ところで、英国は音楽(作曲家)不毛の国とも呼ばれているのをご存知だろうか?バロック時代にはヘンリー・パーセル(1659~1695)という大作曲家がいた。あの、ベンジャミン・ブリテンの名作「青少年のための音楽入門」で使われた主題がパーセルの作品から引用されている。確かに、パーセルの前にも、ルネサンス期にはトーマス・タリス、ウィリアム・バード、ジョン・ダウランド、など私の好きな作曲家がいるが、なんといってもパーセルにトドメをさすのである。

しかし、面白いことにパーセル以降、著名な作曲家がいないのだ。パーセルの次の世代の大作曲家ヘンデルも、既述のようにもともとはドイツ人。ずっと時代が下って、エルガーやヴォーン・ウィリアムズ、ホルストなどがようやく登場する。そしてブリテン(1913~1976)なのである。ブリテンは「パーセルの再来」とも呼ばれているが、「青少年のための・・・」にパーセルの主題を使ったのも、因縁話めいてくる。

そのくせ、ヘンデルの時代から、イギリスは音楽の大消費地であったことも興味深い。

さて、出張は今週の土曜日に発って来週の土曜日に帰ってくる。土日をフルに使うのも出張の宿命であるが、今回は22日月曜も祝日なので、私個人にとってみれば連休を享受できない。まあ、仕方ない。かの地で、ヘンデルの音楽に接する機会があれ場よいのだが・・・・・・・。

音楽ブログランキングここをクリックしてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

大ニュース~丸の内合唱団が助成金を受賞

嬉しいお知らせです。

このたび、丸の内合唱団は、三菱UFJ信託銀行の地域文化財団から助成金30万円を支給されることになりました。マルガツが、10月にすみだトリフォニーホールで行う第一回定期公演が助成の対象となります。

http://www.tr.mufg.jp/ippan/csr/zaidan.html

この助成金は、抽選でもないし、ましてや誰でも貰えるものではありません。申込の後に厳正な審査を経て、受賞となったのです。

きっかけは、私の知り合いの某大先輩(上記銀行役員)からの「君が合唱団やってるなら申し込んでみたら」の一言でした。

受賞のハードルは高いとの事で、大先輩からは「ダメもとで何回も申し込んでみることだ」・・・・とアドバイスされていたので、初めての申込で受賞するとは夢にも思いませんでした。

この助成事業は、上記地域文化財団が20年以上も前から始めた由緒あるもので、丸の内合唱団にとって大変名誉なことです。 

対象は音楽部門、演劇部門、美術部門、伝統芸能に分かれていますが、アマチュアの団体を助成するところに大きな特徴があります。 

ちなみに、今年度の音楽部門の申込件数は100件近くあったそうです。

聞いた話では、マルガツの審査においては二点が問題なったようですが、我々にとって重要な事項なので、あえてこのブログで触れてみます。

①「丸の内」が、はたして地域なのか?

これまでは、○○市民合唱団、○○町音楽祭・・・・といった、いわゆる地域コミュニティーの団体を対象にしてきたようです。 

ですから、丸の内が「地域」か?という疑問が審査員から出てきたとのこと。

これについては、丸の内から音楽文化を発信することがマルガツの存在意義であること。また、スポンサーさんや私がいつもこのブログで書いている「持論」でもある、「丸の内」街づくりの意義を理解いただいて本当に良かったと思います。結果、「都心のワーカー参加型音楽プロジェクトという珍しい活動形態を軌道に乗せた団体」と講評でも評価されたのです。

②第一回定期公演を対象にしてよいのか?

これは、申込当初から問題視されていた点でした。これまでの受賞者をみると、多くが活動歴の長い団体で、30回、40回といった定期公演はザラであると事務局から言われました。

しかし、年末の第九というヒョンなキッカケから誕生した合唱団が、その後活動の幅を貪欲に広げ、CD録音、テレビ生出演、東京藝大との共演など、通常の合唱団とは違って、業界の有識者でも驚くほどユニークな活動をする合唱団であり、創立5年にしてようやく第一回定期公演に漕ぎ着けたことに意義がある・・・とアッピールしました。 

地域財団もこの点をよく理解していただけたようです。

定期公演のプログラムに助成について記載するなどハクがつきますし、審査委員の方も聴きに来られるそうです。 

とても励みになります。

これからも、丸の内合唱団は、世界に一つしかない「オンリーワン」の存在であり続けて欲しいと思いますし、そうなるように頑張りたいと思います。関係者の皆様、引き続きご支援ください。

音楽ブログランキング ここをクリック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

マルガツの恩人は妄想族?

先日丸の内合唱団のスポンサーで、大恩人でもあるH部長さんと飲み会をした(ちょっと若い頃の写真)。

Presenter_marunouchi_2 

といっても、プライベートの話である。かなり前の話だが、丸の内のシャンパンナイトにマルガツの仲間と参加したが、その時にH部長がいつものように颯爽と現れた。ところが、同伴している美女をみて驚いた。私の友人・・・・正確には私が広報の仕事をしていた時に、某テレビ局の記者から紹介された、テレビキャスター(もちろん女性)だったのだ。

Shibayama_img

その後、何回か記者や彼女達と一緒に食事をしたりして、すっかり仲良しになっていた。広報の仕事を離れてからは会う機会もなくなっていたが、まさかこのような形で再会するとは思ってもみなかった。H部長、キャスターの彼女、私・・・・三人とも一様に驚いたのは言うまでもない。

St340147001

今回は、彼女からめでたく寿退社するというメールが来たので、私が3人+テレビ局の記者と飲み会を企画したのだ。場所は広尾駅から歩いて30秒の自然食の和食の店である。久しぶりに楽しい飲み会であった。

H部長とは私の仕事(ベンチャー企業育成)での関係も深い不思議なご縁なのだが、当然マルガツの話で盛り上がった。丸の内女声合唱団として発足以来、本当に色々なイベントがあったなあと彼も感嘆していた。私が思いつくだけでも、「本業」の大晦日第九とラフォルジュルネのほかに、丸の内交響楽団とのコラボ、フランク永井のレコーディング、NHK生出演、ユーミンとのコラボ、藝大アーツ・・・・・などなど数え切れない。H部長も、普通の合唱団の枠を超えた多方面に亘るマルガツの活動とバイタリティーを絶賛、これからもユニークな合唱団としての活躍を期待していた。生みの親(我々からは大恩人)として、事あるごとに「講演会」などでマルガツの活躍を紹介している・・・・・と大変ご満悦の様子であった。ついでに言うと、私とマルガツの関係についてもコメントをいただいたのだが、これは自慢話(笑)になるので止めておこう。

彼は、最近の活動やこれからの予定などについてはあまりご存知でなかったようなので、情報を逐次インプットしておく必要があると思う。一方、最近入団された団員も多いので、これまでのマルガツの華々しい活動歴がネット(ホームページやブログ)などで振り返ることができれば良いのではないか?対応を考えていただきたいものである。

さて、H部長は丸の内の顔ともいえる存在で、丸の内という街を活性化するために縦横無尽に活躍している。飲み会でも、ツィッターについて講演を聞いてきたばかりだったらしく、その可能性について、どうしたらツィッターを利用して丸の内を活性化できるかについて熱く語っていた。彼は間違いなく「妄想族」である。元祖「妄想族」の私が認めるのだから間違いない(笑)。H部長と私は丸の内の活性化という点で想いを同じくする同志である・・・・・・そう実感した一夜だった。

結局、様々な話題で盛り上がり、とうとう私の電車がなくなり、自宅までタクシーで帰るハメになった。残った三人は、河岸を変えて朝まで飲んでいたのではないかな?

お互いサラリーマンだから人事異動はつきものだが、彼には出来るだけ長くマルガツを応援していてもらいたいものである。

音楽ブログランキングここをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

当世ペット事情

先日、私が勤めている会社の取引先を訪ねた。その会社はペットショップをはじめ、動物病院やペットホテルなどペット関係の商売を手広くやっている。

St340697

ペットの受け入れ・管理センターを見学した後、お台場にあるペットショップを見に行った。最近はペットも人間と同じ、いや人間以上に大切な家族の一員だと聞く。我が家にはペットはいないので、どんなものかよく分からなかったが、ペットショップを訪ねてみて驚いた。

St340698

ペットフードはもちろんだが、ペットのためのケーキを売っているのだ。フツーのケーキ屋さんの店構えだし、ショーケースを見ても判別がつかない。人間も食べられるというから、材料は殆ど同じ・・・・・ちょっと味が薄めなのだという。果たして、本当にワンちゃんは喜んで食べるのだろうか?単なる飼い主の自己満足なのではないかとも感じるが、ペットも当世幸せである。

St340699

ペット用の栄養ドリンクまで置いてあった。犬もストレスや疲れがあるのだろう。ファイト一発・・・・となるのだろうか?

St340701

驚いたことに、酸素カプセルまで・・・・・いやはや、ご同慶の至りである。徳川綱吉が見たら、躍り上がって喜ぶだろう。そのうち、犬用の日焼けマシンも出てくるに違いない。

St340703 St340702

ペット用品売り場の片隅には、「ナチュラルチーズと贅沢ミルクケーキ」が。いや、これは人間様のお菓子だとことわってある。ブラックジョークとしか思えませんなあ(笑)。

St340696

さて、小動物のコーナーに行くと、意外にも「うさぎ」が多く陳列されているのに驚いた。歳がばれるが、ウサギは小学校の庭で飼われていた記憶しかない。

St340705

店員さんに尋ねると、かなり前からウサギがブームなのだそうだ。ウサギは大人しいし、草食性なので糞もあまりにおわない。生体そのものも殆ど臭わないらしい。しつけも出来るので、家庭内で遊ばすことも可能。犬並みになつくこともあるらしい。まさに、飼い易いペットなのだそうだ。

St340706St340707 

ウサギにも色々な種類がいて可愛いし楽しい。同居している老齢父母の「情操教育」の手助けという意味でも、我が家でも飼いたいものだが・・・・・。

音楽ブログランキング ここをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »