« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月30日 (金)

必見!藝大アーツ:声楽講座

このブログの後半に、声楽を学習している人にとってのポイントが書いてあります。最後までお読みください。

いよいよ明日が藝大アーツの本番である。
25日から、三菱地所賞受賞者を中心とした様々なコンサートが丸ビルで行われているが、特別コンサートである多田羅教授のコンサートに出かけた(前回ブロ
グ)。

演奏曲目は、シューマンの「詩人の恋」とブラームスの歌曲集。「詩人の恋」は私
の大好きな歌(リート)だ。シューベルトの三大リートのあとを継ぐ、ドイツリー
トの傑作。若い詩人の恋愛から失恋にいたる生き生きとした感情がみずみずしい歌の中からこぼれ出てくる。もともとは若い詩人=テノールが歌うことが多い
が、最近はバリトンの歌手も多く歌っているようだ。なにせ、特に日本でも人気の
高いシューベルトの「冬の旅」をメゾソプラノやアルトが歌う時代なのだ。

多田羅さんはやや声の調子が悪かったのか、高音域が割れ気味であったが、深い情感を漂わせる素晴らしい歌唱に浸ることができた。なにより感動したのは、ディクション(発音や発生の歌い口)のすばらしさ。きわめて明瞭で、ドイツリートの歌い方のまさにお手本である。一緒に聴きにきていた丸の内合唱団の同僚と顔を見合わせて感激した次第。多田羅さんのお弟子さんは幸せである。後半のブラームスの歌曲集では、声の調子も戻り、ブラームス特有の深く暖かい情感たっぷりの名歌唱を聴かせてくれた。

その後の企画がユニーク。声楽にかかわるQ&Aコーナーで、ネットで公募した質問に多田羅さんが答えるという試み。嬉しいことに、たくさんの公募者の中から私の名前も呼ばれた。私の質問は、「練習で声域を拡げることができるか。特に高音域を」というもの。

多田羅さんは、声の基本は体全体を使うこと。そのためにはスポーツなどによ
り、体全体を鍛えることが大事だと話された。そして、より高音域を出すことについては、この会場に来てくれた人だけに「秘訣」を教えてくれた。それは・・・・いや
ここでうかつには話せない。多田羅さんが長年にわたる経験と、教育指導によって見つけられた「秘訣」だから。でも、ヒントぐらいはお許しいただけるだろう。そ
れは・・・・スタッカートである。勘のよい読者諸氏はもうお分かりかと思うが。

最後に、多田羅さんにとって、秋を感じる歌はなにかという質問。多田羅さん
は、季節の秋とともに人生の秋を感じる歌をご紹介された。さすがである。その歌
は、モーツァルトの「夕べの想い」K523である。

「夕べが来た。太陽が沈み、月が銀の光を放つ。
 私は人生の旅を終え、やすらぎの国へと旅立つが、
 あなたが私の墓で涙を流すとき、貴方を天国へと吹き送ってあげよう」。

まさに、人生の秋・・・・である。先生はシュワルツコップの名唱を特に推薦され
ていた。
彼女の情知バランスのとれた気高く美しい歌唱に勝るものはないだろう。

音楽ブログランキング ここをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

国連合唱団と多田羅さんリサイタル

昨日は二回目の藝大練習。おりからの台風接近による大雨で、一時はどうなることかと思ったが、無事開催。練習の前に合唱団のチラシを丸ビルまで取りに行ったのだが、偶然にも国連合唱団がリハーサルをしていた。

丸の内合唱団は、31日本番で藝大さんとコラボレーションを行うのだが(前回記事)、その際来日中の国連合唱団をゲストとして迎えるのだ。国連さんは「赤とんぼ」と合唱の名曲である「大地讃頌」を歌う予定だが、この大地讃頌は、われらがマルガツの持ち歌でもある。一緒に合唱できたら、それこそ美しい国際交流になる。そこで、私が国連さんにお誘いの提案メールを出したのだが、ナシのつぶて。英語がまずかったのか?届いてないか?などなど、大変不安であった。

先週になりようやく、国連さんの日本側窓口である毛Yさんと連絡を取ることができて、なんとか話の糸口を見つけることが出来た。毛Yさんは、中国の古箏奏者で、藝大に留学されていて、今回国連合唱団とのツアーが組まれている。そして、昨日の国連さんとの「遭遇」なのである。なんという偶然。国連さんと会いたい、コンタクトをとりたいという思いが通じたのかもしれない。

Cokusei

私は英語が不自由なので、毛Yさんにご紹介していただこうと考えていたのだが、生憎毛Yさんはご自分の演奏準備で手一杯。えい、ままよ・・・・・とばかり、国連さんに突撃した。自分で言うのも気が引けるが、こういうところは、我ながら大胆というか厚かましいのである。まず指揮者を見つけて自己紹介&握手。そして、団長(プレジデント)を探し出して同じように握手をした。たどたどしい英語で、丸の内合唱団の実行委員長であると自己紹介すると、お二人とも大変喜んでくれた。これで、われわれのイベントの成功は間違いなしである(笑)。

St340572 St340574

さて、本日は藝大アートシリーズで丸ビルホールに出かけた。藝大教授で日本を代表するドイツリート(オペラにも沢山出演していらっしゃる)の名バリトン多田羅先生のリサイタルである。

思えば、一年前、この丸ビルホールでの藝大コンサートで、瀧井敬子先生と知り合いになったのだ。その時はフルートのコンサートで、丸ビルホールの音響が余りに素晴らしいので、なにげなく三菱地所の関係者にお話をしていたら、それを聞きつけたのが瀧井先生。瀧井さんが音響の調整をやられていたのだった。瀧井さんは、その時私に対して、単刀直入に「来年オペラを歌いませんか」と誘われたのだ。はじめてあった男に、なんと大胆な・・・・・とは思ったが、それがキッカケで今日の丸の内合唱団がある・・・ここまで来てしまったのである。私も、「ナブッコなら今ここででも歌えますよ」(丸の内交響楽団とのジョイントコンサートの演目であった)と大風呂敷を広げたのを、昨日のことのように思い出す。

今年の丸ビルホールの音響も素晴らしい。多田羅先生の素晴らしいリサイタルについては後日書くとして、スタインウェイのピアノの音色が秀逸である。このピアノ特有の鋼のようなきらびやかさではなく、ドイツリートに合わせた落ち着いた澄んだ音色が胸を打った。これも瀧井先生の手による音響調節の上手さなのだろう。

マルガツでは、リハーサルの発声練習に使う丸ビルホール。体育館のような印象のスペースだが、この藝大アーツの時期は、本当に素晴らしいホールに生まれ変わるのだ。

音楽ブログランキング ここをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

藝大アーツいよいよスタート

われわれ丸の内合唱団が出演する「藝大アーツin東京丸の内」がいよいよスタートした。

このイベントは、都市開発企業(三菱地所)が藝術教育機関(東京藝術大学)と手を組んで、丸の内から藝大の藝術を発信するという、ユニークで大変意義深い取り組みである。今年で三年目だが、三菱地所から見れば文化を醸成してこそ真の街づくりである。また、藝大から見ると「大学から街へ打って出よう」という藝術と社会の交流を狙っている。かくいう丸の内合唱団も「丸の内から音楽文化を発信する」という高い志を持っている。今回のイベントでは、私が合唱団の実行委員長を務めているのだが、まさに大学と社会(合唱団=丸の内を中心とする現役ワーカー)の交流という重要なテーマに取り組んでいることになる。

今日がオープニングセレモニーということで、丸ビルまで出かけた。昨夜営業終了時間から徹夜で組み立てた舞台も立派に完成。マルキューブ天井には大きな垂れ幕が下がっている。なにかワクワクしてきました。以下では写真をクリックするとポップアップ(拡大)できます。

Lightopia_001a_2 Lightopia_002a 

オープニングセレモニーは、冒頭に藝大生のフルートアンサンブルによるモーツァルトの「フィガロの結婚」からスタート(写真上)。藝大の宮田学長さんと、主催者の三菱地所壇野専務さんがご挨拶。その後、壇上で三菱地所賞の表彰式があった(写真下)。壇野専務さん(写真下右端)には私の本業(ベンチャー育成)でもお世話になっていますが、私の大学の先輩で、学生の頃はオーケストラ部に所属していらした。音楽に大変理解のある方です。

Lightopia_005a Lightopia_008a

振り返ると、マルキューブの脇に名物「藝大神輿」が鎮座しています。毎年藝大祭に学生が製作する神輿ですが、この神輿の名前は「科内安全」。凄い形相をした「オカン」がしゃもじを片手に迫ってきます。

Lightopia_010a

さて、セレモニーの後は、宮田学長とフルートの金教授によるトークショー。宮田学長の作品も舞台に飾られています。宮田さんは「イルカ」をモチーフにした作品を多く作られていて、この作品はいつもは学長室に置いてあるとか。マリンバのバチで作品を叩くと、深い海の音がするのが素敵である。

Lightopia_011a Lightopia_015a_2 

宮田さんについて以前アップしたブログをご覧ください。

http://muko-dono.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-bed7.html

http://muko-dono.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-c0b4.html

トークショーのはずだったが、流石に芸術家のお二人、次は金教授のフルート談義になった。金昌国先生はわが国フルートの第一人者で私も実演やテレビで何度も演奏に接している。金先生はフルートの種類、フラウト・トラベルソからアルト、バスフルートまで実際に吹いて音色の違いをご披露された。大変珍しかったのは、世界に二本しかないというダブルコントラバスフルート・・・・・金属工芸家の宮田学長も大変興味深くごらんになっていた。

Lightopia_012aLightopia_014a 

最後に司会者がこれからの演奏会のスケジュールを読み上げたのだが、このイベントの最終日にあるオペラ・ガラコンサートでは、丸の内合唱団の名前もはっきり呼ばれて、感無量だった。なにせ、最後を締めくくるトリのコンサートであり、大変注目されているのだ。藝大の先生方も、音楽、演出、美術などなど教授陣が総力を挙げて、マルガツのため、いやオペラ・ガラコンのために力を出していただける・・・・なんて贅沢なイベントであることを実感した。

宮田学長をはじめ藝大の先生方、三菱地所の関係者の方々にご挨拶にゆくと、皆さんから期待していますとか楽しみにしていますといったお言葉を頂戴し、これは頑張らなくてはと思うことしきりでした。

本番は10月31日の15時30分と、17時からの二回です。どうか皆様ご来場ください。

http://www.marunouchi.com/marubiru/01_event/event/090811-01.html

最後に一言。舞台は清水(きよみず)先生の素晴らしい作品。こんな具合になっています(写真)から、団員の皆さん足元には十分ご注意ください。

Lightopia_016a

音楽ブログランキング ここをクリック

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »