« 第九を聴く | トップページ | いよいよマルガツの第九 »

2008年12月28日 (日)

第九を歌う

「第九を聴く」の次はいよいよ「第九を歌う」だ。

昨日、今日の二日連続で第九を歌った。今年の2回目、3回目の第九である(1回目は「1万人の第九」)。オーケストラは、仕事の都合で「第九を聴く」ことになった某在京フィル。昨日がサントリーホールで、今日は東京藝術劇場(通称芸劇)である。

第九の演奏を客席から客観的に聴くのもよいが、やはり舞台で歌ってこそ完全燃焼できるというものだ。指揮者やオーケストラを目の前にして歌い・聴く第九は素晴らしい。このオケとの協演では、曲の最初から合唱は舞台に乗っているので、1~3楽章がじっくり聴ける。第一楽章の緊迫感あふれる演奏、そして私が繰り返し主張する「世界で最も美しい音楽」の第三楽章を目の前で聴くことが出来る幸せは格別である。

今回指揮をされたマエストロNさんは、端正な音楽作りに定評があるが、今年は違う。オケや合唱団と一緒に燃え尽きんばかりの指揮ぶりである。舞台で聴いていても、情熱のほとばしりが直接感じられる、聴く者の胸が熱くなるような演奏で、我々が歌う合唱にもおのずから熱がこもってくる。特筆すべきは、そうした情熱の中にあっても、彼の強みともいうべき、パースペクティブのよさは健在。普段聴こえにくい楽器の旋律も自然に浮かび上がってくる。マエストロの指揮で第九が歌えて本当によかった。

因みに、マエストロの練習は実に楽しい。偉ぶらず、ユーモアたっぷりで、それでいて核心をずばりと突いてくる。特に、「例えかた」がユニークというか、お茶目で可愛らしい。押しも押されぬマエストロなのに、彼の人間性がにじみ出てくるような指導で、いっぺんで好きになってしまった。

さて、サントリーホールは音響のよさでは、わが国で一、二を争う名ホール。特に響きの芳醇さから声楽に向いており「歌のサントリー」とも呼ばれるが、第九の合唱は別物である。ほとんどの場合、サントリーの合唱はP席に配置されて歌うが、舞台が下に位置するので、特に後ろの列では指揮者を見下ろす形となり、顔が下を向いてしまい「客席に飛ぶ声」が上手く出せない。客席に向って歌うと、今度は指揮者が視界ギリギリとなって演奏に不安を覚えるのである。

さらにP席自体に高低差があるため、合唱の場合、後ろの列の声が頭を通り越してよく聞こえない。隣の席との間隔もあるので、かろうじて両側の歌い手の声が聞こえるに過ぎない・・・・・・・つまり、合唱としての一体感が生まれにくく、疎外感・孤独感のうちに合唱、いや「独唱」状態というハンディを負うことになる。芸劇はホールとしてのランクはやや落ちるが、舞台の上で合唱できるので、合唱団にとっては大変歌いやすいというメリットがあるのである。

音楽ブログランキング ここをクリック

|

« 第九を聴く | トップページ | いよいよマルガツの第九 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198925/26590179

この記事へのトラックバック一覧です: 第九を歌う:

« 第九を聴く | トップページ | いよいよマルガツの第九 »