« 冬のイルミネーション | トップページ | 第九を聴く »

2008年12月24日 (水)

丸の内・・・冬のイルミネーション

昨日に続き、冬のイルミネーションを

今日はクリスマスイヴ。前に勤めていた丸の内の会社を訪問した帰りに「光都東京 LIGHTOPIA」を観てきた。観てきたといっても、丸の内仲通りをブラブラ歩くだけだが。

Lightopia_001 Lightopia_002

出発点はパレスホテル隣の「和田倉噴水公園」。「明かり絵ファンタジア」と称して著名人や千代田区の小学生がメッセージを記したボンボリが700個並ぶ、なんとも幻想的な風景。著名人には、あの未曾有「麻生太郎」や某メガバンクのトップのものもあるそうだ。特に丸ビル・新丸ビルを背景にした景観は癒しの空間といえよう。

Lightopia_007 Lightopia_011

LIGHTOPIAのメインストリートは丸の内仲通り。電飾をまとった街路樹は、美しい輝きで見る人の目を楽しませてくれる。同時に、なにか懐かしい思いが心に湧き出てくる不思議さがある。それにしても丸の内は大きく変貌した。30年前は夜間になると光も人もいない、虚構の街だった。三菱地所の再開発で、新しいビルが建ち、通りに面した一階フロアにはブランドショップや有名レストランが軒を並べる。華やかで生き生きとした、血の通った街になっている。今夜はクリスマスイヴで、手を繋ぎ肩を寄せ合うカップルが普段より多いように感じたが、いまや丸の内はショッピング&デートスポットなのである。いまさらながら、三菱地所の発想・創造の素晴らしさに驚きを禁じえない。

Lightopia_009 Lightopia_010

最後に丸ビルに立ち寄った。一階マルキューブではケミストリーが歌うというので、大変な人出。グランドフロアは勿論、二階、三階まで人が鈴なりである。我々丸の内合唱団も大晦日にここで第九を演奏するのだが、あやかりたいものだ。

いつも会場の設営・オペレーションをしている責任者のKさんを探し出し、挨拶をした。Kさんは、この季節毎日大きなイベントがあるので大変な忙しさで、時間管理やアクシデント対応でいつもピリピリしている。彼がいるから我々合唱団も安心して演奏が出来る。団員の皆さん、もしゲネプロや本番会場で彼を見かけたら、労をねぎらってあげてくださいね。

音楽ブログランキング ここをクリック

|

« 冬のイルミネーション | トップページ | 第九を聴く »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丸の内・・・冬のイルミネーション:

« 冬のイルミネーション | トップページ | 第九を聴く »