« いろいろあったけど・・・・ | トップページ | カラオケで第九を歌う »

2008年7月 8日 (火)

合唱団の実力とは?

昨日は七夕だったんですね。

この歳になって、ロマンチックな雰囲気に浸ることもないけれど、神秘的なラブロマンスは良いものです。毎朝、通勤途中FMの「バロック音楽の楽しみ」と「クラシックカフェ」を聴いていますが、後者は一日遅れで「星の音楽特集」でした。そのなかで、クラシックではないのだけれど、ディズニーの「星に願いを」と「ベラノッテ」(美しい夜)を、バーバラ・ヘンドリクスが歌っていました。クラシック歌唱ですが、彼女の場合とても雰囲気を出して歌っていて、なんとも朝からロマンチックな気持ちになってしまいました。

さて、前回のブログで「有楽町イベント」に対して、複雑な思いを持っていると書きましたが、実は昨日ちょっとした事件があったのです。これは黙っていようと思っていましたが、合唱団の総会で神尾先生から「真相」が話されたので、私が話しても良いでしょう。

有楽町イベントを巡っては、イベント事務局と合唱団役員の間にコミュニケーションギャップがあって大変悩みました(私は役員ではないのですが、今回は一応交渉役)。連絡がなかなか取れなかったり、会場の変更、費用や控室の点などについて急にイベント事務局の方針が変わったりして、非常に振り回されたのです。私や企画会社も最後には怒りと困惑で、果たしてイベントが実施できるか不安だったわけです。極めつけは、当日神尾先生が会場に着いてピアノを設置しようとしたら、主催者から「今日は中止にする」といわれたこと。役員一同真っ青になったことは間違いありません。でも、神尾先生や役員の方々のとりなしでなんとかイベントは実施されました。不備な点はありましたが、合唱団は浴衣姿で楽しく歌い、なかなかの満足を得られたと思っています。以上のことから、合唱団事務局としては複雑な心境であったのです。

昨日になってイベント主催者から私に電話が入りました。私はまたなにか言われると困ったなという正直な気持ちで電話に出たのですが・・・・・ところがなんです。主催者は、これまでの運営の不手際を詫び、合唱団の出演を大変評価してくれたのです。私はわが耳を疑いました。主催者いわく「これほど丸の内合唱団の歌が素晴らしいとは思わなかった」。「来年のイベントはイトシア前に大きな舞台を組むから、是非出て欲しい」。私は、「だから言ったじゃないか!」という思いを抑え、主催者に対して私としても至らない点が多々あったことをお詫びし、双方で水に流そうということになったのです。

つまり、マルガツの演奏が主催者の心を打ったということなのです。浴衣姿の合唱が観客に強くアピールしたこともあるでしょう。いつも、このブログでお話していますが、丸の内合唱団は発展途上の団体です。でも、歌のうまい下手(下手ではありません、うまいです)にかかわらず、どれだけ人の心にアッピールするかが、合唱団の「実力」なのだと思います。今回の曲は、「有楽町で逢いましょう」「蘇州夜曲」「千の風」という歌謡曲路線でしたが、イベント企画にフィットしたこと、特に「千の風」は岩手・宮城大地震の被災者に届けとばかり歌いましたので、合唱団の思いがこもっていて観客や東北物産展の皆さんの心に染み渡っていったのではないでしょうか。合唱団の実力は歌のうまさだけではありません、パフォーマンス、気持ち、熱意・・・・いろいろなものが総合されて形作られるものだということを改めて考えさせられました。そんなことを考えさせられる良い「有楽町イベント」だったと思います。

音楽ブログランキングここをクリック

|

« いろいろあったけど・・・・ | トップページ | カラオケで第九を歌う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198925/22149089

この記事へのトラックバック一覧です: 合唱団の実力とは?:

« いろいろあったけど・・・・ | トップページ | カラオケで第九を歌う »