« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月27日 (日)

いよいよ熱狂の日

いよいよ熱狂の日、丸の内合唱団の公演が近づいてきました。5月5日、6日の二日間です。

この前のブログからホントにご無沙汰していて、その間色々書きたいこともあったのですが、仕事多忙、団務多忙で書けずじまいでした(一応団長なんです)。

いやはや、自主運営になって間もない団体を作ってゆく、そしてをまとめるという仕事は体力がかかります。でも、泣き言は言っていられません。成功に向けて頑張らねば。すでに、ご案内しているように、今回の公演ではシューベルトのハ長調ミサ曲(第4番)を採り上げます。演奏される機会は少ないですが、シューベルトらしい美しい旋律に満ちた名曲です。丸ビルとオアゾで演奏しますが、丸ビルは費用的に無理を言ってオーケストラ付になりました。だって、「ヨーロッパの大聖堂の響き」といわれる、丸ビルマルキューブですから、オーケストラで演奏して初めて美しさが引き立つというものです。

シューベルトは今年の熱狂の日のテーマですから、連休の間は国際フォーラムでは、有料公演でシューベルト満載状態ですが、なんと同じ6日にアンサンブル金沢が我々と同じ曲を演奏します。主催者にお願いして、演奏時間をずらしてもらいました。二つを「聴きくらべ」するのも、熱狂の日ならではの面白さだと思います。我々の演奏は入場無料ですから、丸ビルに是非おいでください。アンコールにもシューベルトの「あの」名曲をご用意しています。

詳細は合唱団のブログからパンフレットをダウンロードしてご覧ください。

http://marugatsu.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_0fd9.html

Photo_4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »