« マルガツ丸の内文化祭出演! | トップページ | いよいよ熱狂の日 »

2008年3月16日 (日)

スターバト、武闘派・・・そして天上の音楽

またまた、わけの分からぬお題ですが・・・・・昨日、今日と連チャンでコンサートを聴きに行きました。

Photo_2 昨日14日は飯守泰次郎指揮のシティフィルでドヴォルザークの「スターバト・マーテル」(悲しみの聖母)です。合唱はシティ・コーア。コーアの友人がチケットを取ってくれたので、家内と待ち合わせてオペラシティへ。スターバトは初めて聴く曲ですが、地味・・じゃなかった滋味あふれる名曲でした。世の中には様々な作曲家による400になんなんとするスターバトがあるそうですが、ドヴォルザークの同曲は演奏時間90分もかかる最長の大曲です。それを、驚いたことに合唱団は暗譜で歌うんです。こんなことに驚いちゃいけないのかも知れませんが、5月に私が歌う「ドイツレクイエム」はどうなるんだろう・・・という不安が一瞬アタマをよぎりました。

全曲を通じて概ねゆっくりとしたテンポの穏やかな曲想ですが、第1曲と終曲は迫力に満ちています。特に終曲は各ソリストと同パートの合唱が一緒に歌うなど興味深い部分もありましたが、なんといってもアレグロに入ってからのアーメンフーガは、ホールを揺るがすような立派な合唱でした。ほの暗くマッシブなサウンドで、ここではじめてスラヴの作曲家なんだなあと実感しました。印象に残ったのは第7曲の合唱の美しさ。アカペラで歌う部分は胸を打ちます。全体的に合唱はよくトレーニングされていてスキのない出来上がり。特にテノールにとっては「おいしい」曲ではないかな?ソリストも粒ぞろいでした。光ったのはテノールの櫻田亮で、やや線は細いが確りした透明感ある美声です。エヴァンゲリスト(エヴァンゲリオンじゃありません。福音史家です)聴いてみたいなあ。この日は言わずと知れたホワイトデーですが、キリストの受難を題材にした曲だけに女声の衣装はオールブラックでした。

Photo コンサートの前に、オペラシティ53階の「八かく庵」という京豆腐料理屋で豆腐尽くしを食しました。時間も無かったので一番安いコース(4千円弱)にしましたが、とても凝った豆腐料理で美味でした。ヘルシーですし、店員さんの応対も素晴らしく、お勧めです。

Photo_3 今日15日は新日フィルの定期(錦糸町トリフォニー)。指揮はおなじみイケメンのアルミンクで、曲目はシベリウスのバイオリン協奏曲とマーラーの交響曲第4番。シベリウスのコンチェルトは僕の好きな曲ですが、なぜかコンサートで聴く機会が多いのです。ラクリンは史上最年少でウィーンフィルと協演したという「神童」でしたが、今はおん歳34。それでも若いなあ。太くてザラツキ感のある音でグイグイ弾いてくる。ちょっと私が描くシベリウスのイメージ・・・・・北欧寒冷地の透明感・寂寥感みたいなもの・・・・・とは違うんです。でも、こういう行き方も悪くない。驚くのは彼のタキシード。胸に深紅のポケットチーフを挿してきたのはご愛嬌だが、上着の裏地もall同じくマッカッカなんです。ラクリンが体を揺らすたびに赤い裏地がチラチラ。闘牛の気分になります(笑)。井上道義の裏地はゴールド色で有名だそうだが(見たことないが)、こうしてみると演奏もスタイルもラクリンは「武闘派」といえましょう。しかし、アンコールに弾いたバッハのパルティータ第2番~「サラバンド」はビブラートを抑えたとても格調高い演奏でした。やっぱり、タダモノじゃないです、この若者。余談ですが、とても興味深いことが・・・ネットでいろいろ調べていたら、同じ時期に来日しているヒラリー・ハーン(彼女も神童!)がラクリンとまったく同じシベリウス、そしてアンコールまで同じ曲だったんです。アンコールまで同じなんて、どういうこと??

Photo_4 後半がマーラーの交響曲第4番。これは大のつく名演でした。4番はマーラーの中では小編成で小ぶりな曲であるといわれますが、それでも演奏時間55分、フルートは4本もあって、同時にpで合奏するなんて・・・・やはりゴージャス・マーラーです。マーラー得意の破滅的な大音響が少ない代わりに、明るく室内楽的でオケ奏者の名人芸が随所で楽しめます。こうした曲想はアルミンクの作り上げる音楽にピッタリ。大変に素晴らしいサウンドを楽しみました。ソリストのシルヴィア・シュヴァルツは、美しく(容姿も)やわらかい声でホールを包み込むかのような演奏。まさに「天上の音楽」にふさわしい好演でした。3楽章の終盤フォルティシモでソプラノが登場する演出も素敵ですよね。もう20年も前になりますが、若杉弘が都響とマーラー連続演奏会をやった時、楽章の途中でソリストが登場する演出をはじめて見て息を呑んだことを思い出しました。

|

« マルガツ丸の内文化祭出演! | トップページ | いよいよ熱狂の日 »

コメント

聴きに来ていただいてありがとうございます。

確かに暗譜は本当に大変でした。

投稿: よーこ | 2008年3月16日 (日) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198925/11386025

この記事へのトラックバック一覧です: スターバト、武闘派・・・そして天上の音楽:

« マルガツ丸の内文化祭出演! | トップページ | いよいよ熱狂の日 »