« 楽しいこと尽くしのコンサート | トップページ | クリスマスのお菓子 »

2007年12月16日 (日)

今年最初の第九

今年最初の第九を歌いました。といっても、合唱を本格的に?はじめたのが昨年からですが、今年は4回歌います。

Photo_2 今日は地元鎌倉で、日本語で歌う「第九」です。第九の日本語訳は「はれたるあおぞら、ながれるくもよ・・・・」が有名ですが、私が歌ったのは「なかにし礼」訳詩によるシラーの原詩に忠実な歌詞です。でも、freudeが「愛」になったりするのですが、かなり良く出来ていて、歌っていて楽しい第九です。なんといっても、意味が分かるのが良いです。それだけ、共感も高まるというもの。私はここ4~5年地元鎌倉で第九を歌ってきましたが、昨年は日本語で歌うというので「敬遠」し、東京の某オケ付属合唱団に入団、それが合唱にのめりこむ(笑)キッカケとなったのですから、不思議なご縁なんです。それで、今年は日本語にも挑戦しようということになり、家内と一緒に参加しました。

E_pict_ishida_yasunao_2 合唱は総勢250人、男性は例によってリタイヤされたシニアが多いのですが、富澤裕、辻端幹彦両先生の指導が素晴らしく、みるみるうちに上達します。本番では鎌倉芸術館のホールを美しく鳴らす演奏が出来たのではないかと自負しています。オケは神奈川フィル。指揮はカッコいい現田茂夫さん(ついでに言うと佐藤しのぶさんの旦那)。そして、お目当てはコンマスの石田泰尚さんです(写真)。かれは茶髪&ピアスのコンマスとして有名で、オーバーアクションとも思えるユニークな弾き振りです。でも、演奏はとても繊細で、そのアクションからは熱い想いがひしひしと伝わってきます。私は彼の姿に釘付け状態(笑)。あの、のだめカンタービレのモデルとも言われているのですよ。http://www.musiciansparty.jp/wp/ishida/ http://okepi.net/interview/03_ishida.html 

あと三回のうち、二回は某プロオケの合唱団で、最後は大晦日に丸の内合唱団で歌います。鎌倉の第九には丸の内合唱団の友人も駆けつけてくれました。ありがとうございます。そうそう、今年は年末29日から、丸の内ガラコンサート2007と銘打ってコンサートが催されます。皆さん大晦日の第九を含めてぜひ聴きにいらしてください。

たくさん歌うのでとうとうタキシードをこさえちゃいました(笑)。

|

« 楽しいこと尽くしのコンサート | トップページ | クリスマスのお菓子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198925/9429832

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最初の第九:

« 楽しいこと尽くしのコンサート | トップページ | クリスマスのお菓子 »