« エルガーのチェロ協奏曲 | トップページ | 昭和の歌人(うたびと):服部良一 »

2007年8月25日 (土)

日本語で歌う第九

この時期になると第九の合唱練習が始まります。

私の場合、某オケ合唱団、丸の内合唱団に加えて、地元の合唱団でも第九を歌おうと考え、今日初練習に参加しました。3つ掛け持ちですから、果たしてどうなることやら・・・・・・。

地元の第九は去年から歌詞が「日本語」になっています。これは古都鎌倉ならではの特徴を出そうという狙いもあるようです。実は、地元では四、五年第九を歌っていたのですが、去年から日本語になり、ちょっとそれは辛いなあと感じたのがきっかけで、某オケ合唱団に参加したという経緯があるのです。そのおかげで第九のみならず、デュリュフレのレクイエムや来年はドイツレクイエムを歌えることになったのですが・・・・・。

Photo_3 でも、やはり地元の第九も気になっていて、しかも合唱指導が大好きな富澤裕さんなので、思い切って参加してみることにしました。皆さんは、日本語の第九というと「晴れたる青空、明るい雲よ・・・・」を思い浮かべるかもしれません。これはシラーの歌詞との関連性は薄く違和感がありますね。でも、鎌倉の第九は「なかにし礼」作詞によるもの。シラーの歌詞を原典におきながら、意訳部分もあってなかなかの優れものなんです。

一部をご紹介すると、冒頭は「わが友よ 歌うなら もっと 快い歌を歌おう 喜びに見た歌を・・・・・」これは原典に忠実です。ところが、Freudeは愛と約されます。「愛! 愛! 愛こそ歓喜に導く光・・・・」なんて具合なんです。なるほどよく考えたなという感じもします。実際に歌ってみると、なかなかいけるんです。

富澤先生はクロール唱法のほかにも、機関車唱法や歌舞伎唱法を新たに編み出していて、大変に愉快でした。歌舞伎唱法とは歌舞伎の発声にヒントを得た母音をはっきり歌う日本語特有の唱法です。富澤先生は素人さんを教える天才です。

因みに鎌倉の「日本語で歌う第九」は12月16日(日)午後3時、鎌倉芸術館で演奏されます。オケは現田茂夫指揮神奈川フィルです。

|

« エルガーのチェロ協奏曲 | トップページ | 昭和の歌人(うたびと):服部良一 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198925/7676924

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語で歌う第九:

« エルガーのチェロ協奏曲 | トップページ | 昭和の歌人(うたびと):服部良一 »