« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月 8日 (日)

打楽器コンサートin横浜開港記念館

会社の友人のお嬢さんがコンサートに出演するというので、横浜の開港記念館に行ってきました。

011 開港記念館は大正6年に建てられたタウンホール。大阪中之島公会堂と並んで大正期二大公会堂と呼ばれるそうです。赤レンガに花崗岩を組み合わせたとてもシックな建物で、国の重要文化財です。ホールは昔の学校の講堂のようで、天井も高く音響抜群です。

002_1 さて、コンサートですが、若手女性6人による華やかなもの。皆さん打楽器を専攻され、それぞれ音楽界で活躍されています。太鼓やタンバリンといった狭義の打楽器からマリンバまで、とてもバラエティに富んでいて楽しめました。

010 なにせ6人いますから、曲によっては一台のマリンバに3人が張り付いて、楽器の周りをぐるぐる回って演奏するなんて珍しい曲も披露されました(Mark Ford作曲のAFta-StuBa)。そうそう、グループ名は輪(りん)。輪になって仲良く・・・・・という意味もこめられているようです。

005 最後は、3人が大太鼓とコンガ、中国の銅鑼を打ち鳴らす曲(N.J.Zivkovic作曲Trio per uno)。ものすごい迫力に圧倒されました。選曲もなかなか素晴らしく、ピアソラありイギリス民謡ありラヴェルありと、とても楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »