« ブラヴォー丸の内合唱団、そして・・・ | トップページ | 中欧ツアー:朝食編 »

2007年5月 6日 (日)

マルガツの後は・・・中欧ツアー:音楽編

連休を使ってプラハ→ザルツブルク→ウィーン→ブダペスト=中欧ツアーのお話です。時系列にするのも芸がないので、ジャンルわけしてご報告します。私の行動パターンからすると、まず食べ物(笑)と来るところですが、節度を保って音楽の話から。

Photo_49 中欧三国は音楽と縁の深い国ですが、そのなかではオーストリアのウィーン。学生時代の友人がウィーンに駐在していて、幸運にもオペラ(ウィーン国立歌劇場)のチケットを取ってくれました。それも、小澤征爾さんの病気復帰初日の公演。演目はワーグナーの「さまよえるオランダ人」です。オペラ座は絢爛豪華な内装で、見る者を圧倒します。

20070430_dscf4406 我々の席は、オケピットと舞台が間近に見えるボックス席。パルケット・ロージェ(平土間に接するボックス席)というそういです。音響的にはイマイチかもしれませんが、オペラグラスがなくても舞台が良く見えるし、小澤さんの指揮ぶりもばっちり見ることが出来ました。これで95€(15000円)ですから日本と比べると本当に安いのです。

20070430_dscf4411 小澤さんはとても元気。力感あふれるタクトさばきが見事です。息遣いさえ聞こえてきます。序曲の最後では、体全体がオケピットの後ろの壁にぶつかるほどの力演で、感激しました。歌手陣も立派。タイトルロールとヒロインの二重唱などは息をのむ美しさです。コーラスも迫力に満ちていて圧倒されました。

20070430_dscf4414 演出はクリスティーネ・ミーリッツで新奇な演出で有名らしい。確かに、一部眉をひそめるような露骨な描写はありましたが、全体的にはオーソドックスで、特に幕切れでヒロインが火に身を投じる(本物の火なんです)場面にはビックリ。日本では消防法の規制で、出来ないんじゃないかな?当然、ブラヴォーの嵐でした。

20070429_dscf4286 もう一つの音楽は、ウィーンの王室礼拝堂で、ウィーン少年合唱団のミサを聴いたこと。これはツアーに組み込まれているイベントです。ただ、毎週日曜日のミサに出席するのですから、日本人の我々にとっては違和感があるでしょう。私は中高とカトリックの学校でしたから親近感はありますが、ほかの日本人の方はどれだけ理解できたか?

20070429_dscf4299 さて、曲目はハイドンのミサ曲第8番「ハイリゲ・ミサ」。ミサの儀式の合間に管弦楽の伴奏で合唱隊が歌います。ただ、オケと合唱隊は礼拝堂の高い部分にいて、我々は姿を見ることが出来ません。このほかに教会専属のカントールム(聖歌隊)もいてグレゴリオ聖歌を歌う歌ミサの形式です。

20070429_dscf4301 音楽は素晴らしいの一言です。日本では、演奏会としてホールでミサ曲が採り上げられますが、本来は教会音楽。教会の中でミサとともに歌われるべきものなのだということが実感されました。それにしても少年合唱団はまさに天使の声。天使の声が空から降ってくるようでした。女声合唱部分を歌うので、男声は成年の合唱団が歌っていますが、礼拝堂全体に響く迫力も見事なものです。それに、オーケストラがウィーンフィルのメンバーときては、まさに天に昇る気持ちでした(笑)。

20070429_dscf4305 残念だったのは、時間の都合で途中退出したこと。ミサは曲によりますが、通常1時間半もあるのです。このミサの楽しみは、終了後少年合唱団が降りてきて一曲歌い、その後気軽に記念撮影に応じてくれることだといいます。私はミサ曲そのものが聴けたので満足でしたが・・・・・。途中退出はちょうど聖体拝領(キリストの体であるパンを信者が受けて食べる=キリストと一体になる儀式)のどさくさにまぎれて出ようと思いましたが、信者の方々の列に並ぶ羽目になり、信者でない私も拝領してしまいました。信者じゃないけど、シンパだから許されますよね・・・・お願いですキリスト様。

|

« ブラヴォー丸の内合唱団、そして・・・ | トップページ | 中欧ツアー:朝食編 »

コメント

たのしませていただきました。
ひとつひとつ、良い体験をされていますね。

投稿: ラッキーサウンド | 2007年5月 6日 (日) 19時57分

ラッキーサウンドさん

コメントありがとうございます。
これからも続編がありますので、どうかご贔屓にしてください。

投稿: ムコ殿 | 2007年5月 6日 (日) 21時46分

ドイツ→ザルツブルク→ウィーン→スイス間は、ドイツから車を積んで汽車で行きました。
良かったので、また行きたいところです。
旅行報告、楽しみにしています。

小沢征爾さんはお元気になられて良かったですよね!
私は、だいぶ前ですが、ニューヨークのカーネギーホールで、前から7番目で聞きました。
猫に小判で、良かったですとしか言えません(^^)

私は12日から10日間イタリアへ行きます。
2度目ですが、シエナとその周辺は行って無いので、楽しみです。

投稿: moa | 2007年5月 7日 (月) 10時42分

moaさま

コメント感謝です。
イタリアうらやましなあ。
個人旅行されるのですか?
私もツアーではなくて、いつかはそうしてみたいものです。一箇所に長く滞在したい。
シエナはとてもよいところでした。
坂の多い街・・・・というか集落みたいな感じで、時間がゆっくり過ぎてゆくような気がしました。
帰国されたら、お話聞かせてください。

投稿: ムコ殿 | 2007年5月 7日 (月) 12時27分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルガツの後は・・・中欧ツアー:音楽編:

« ブラヴォー丸の内合唱団、そして・・・ | トップページ | 中欧ツアー:朝食編 »