« 中欧ツアー:高いところが好き編 | トップページ | ご当地ホテル? »

2007年5月20日 (日)

ブログ・・・・・の憂鬱

先日、あるブログ友達(Xさんとします)と口論になりました。口論といってもブログ上ですし、もっぱら私に非があるようなので、険悪な関係になったといったほうが正確かもしれません。

事の発端は、Xさんのブログに私が無神経なコメントをつけたことにあります。軽い気持ちでユーモアを交えてコメントしたつもりだったんですが、後で考えれば、確かに思慮が不足していて、Xさんを傷つけてしまったのです。

それを弁解しようとして、ますます頓珍漢なメッセージを送ったりして、ますます深みにはまり込んでしまいました。とても悲しいことです。

Xさんは、①私が実際に経験したこともないのに、勝手に想像してコメントを書くな、②私のブログを見ることを強要するな、と指摘していました。確かに①は軽率だったと思います。また、②は私のブログもごひいきに・・・という軽い気持ちなのですが、Xさんにはそのように伝わっていなかったようです。Xさんはまじめな方で、きっと自らにも厳しい方だと感じます。私のようないいかげんな気持ちでブログを書く人間を許せなかったに違いありません。

その後も修復を試みようと思いましたが、直接会って話をするのとは違うブログの難しさ・・・・・とうとう最後通牒を突きつけられてしまいました。

そもそも、相手が百人いて、百人に全てに好かれるのは非常に困難なことだと思いますが、さらにブログには相手の顔が見えないという難しさがあります。

Xさんにしてみれば、私の名前さえ見たくないのだろう・・・・足あとをつけられるのさえ不快になるでしょう。やはり相手の立場に立てば、相手の気持ちを乱さないためには、これ以上近づかない(コメントを書かない)ことが第一だと思いました。

こうした事態を招いたのは、もっぱら私が悪いのですが、皆さんどのように対処するのがいいとお考えでしょうか。ブログを今年からはじめた初心者としては、本当に悩んでしまいました。

|

« 中欧ツアー:高いところが好き編 | トップページ | ご当地ホテル? »

コメント

 こんにちわ。最近メールやネットでのやりとりが増えて、そういうトラブル結構あるみたいですね。直接会話すれば、細かいニュアンス(表情やら言葉遣い)が伝わるケースも文章にすれば真意が伝わらないとか。
 私自身も何度か無礼なメールを貰い、かちんと来たことはありますが、そういう場合には何日か捨て置いて、頭を冷やしてから返答することにしています。頭で血が上った状態で返答したら、売り言葉に買い言葉になってしまいますので。
 そのお相手の方も、既に分別のある年齢に達しているかと思いますが、個人のやりとりならまだしも、プログといった衆人の目に触れるところで、たとえムコ殿さんに非があろうが、そのような大人げない対応を取られれば、ブログを見ている人間がどのように思うのかの想像力が欠如されているように感じました。(すみません、生意気なこと書いてしまって。)
 おっしゃるとおり、いったん関係を打ち切るのも良いかと思いますよ。無理してお付き合いをしてもストレスが溜まるだけですから。そのうち時が解決してくれることもあるかも知れませんね。
 

投稿: トガピー | 2007年5月21日 (月) 00時13分

トガピーさま

ありがとうございます。
口論の主要なところはSNSのメッセージだったので、衆人の目に触れることは無かったのですが、いきなりブログコメントを削除されたこともありました。
もっとも、私が相手の立場に立って気持ちを傷つけないようにコメントすればよかったと悔やまれます。
昔、会社の上司から、怒る前に牛乳を飲め(笑)。それでも怒りが収まらなかったら思い切り怒れ、といわれたことを思い出しました。トガピーさんの言うように、冷却時間が必要ですし、牛乳のカルシウムが神経を落ち着かせるそうです。

投稿: ムコ殿 | 2007年5月21日 (月) 09時11分

何だか大変な状況に遭遇してしまったようですね!私も直接無礼なメールを頂いた経験もあるのでムコ殿さんのお気持ち察します。
そういう相手は良い大人の年齢になってても
人を思いやる気持ちが欠如しているのだから
“自分本位でしか考えられない人”と思い、
気にしないことです。考えすぎたらストレスデ自分がおかしくなります。ドガピーさん同様、冷却期間を置くとか一旦ブログを閉じる。
ポジティブに考えましょう!!!

投稿: SALVE | 2007年5月28日 (月) 02時08分

文字だけのコミュニケーションは難しいですよね。
私はずけずけものを言ってしまうので
反感を買うこともあるだろうなーと
思いながら書くようにしてます。

投稿: よーこ | 2007年5月28日 (月) 09時34分

SALVEさん
コメントありがとうございます。
私も冷静さを欠いていたように思います。
それに、独りよがりだったかも・・・
SALVEさんのいうとおり、お互いに相手を思う気持ちが大切なんですね。

よーこさん
いつもよーこさんのブログ拝見していますよ。
よーこさんのことはよく存じ上げませんが、確かにブログは単刀直入で、性格を反映している(失礼しました)ように思えます。
でも、そういうパーソナリティーの方なんだな、と想像を巡らせて読めばとても親しみがわくのです。
相手の「顔」が見えなくても、個性を尊重するように心がけないといけないのでしょうね。

投稿: ムコ殿 | 2007年5月29日 (火) 19時40分

Xです。
表立って、荒立てないように、苦慮しながら対応をして来たのに、
このように公共の場所に、しかも事実と違った事を書かれている事を
残念に思い、また傷ついています。

私が言いたいのは
1)実際に見聞きしていない事に想像で否定的な事を書かないで下さい。
であり、
2)ブログを読んでくださいと言うのは、そのうち"会う前にブログを読んで予習しなければならない相手となり、ネット外での人間関係を崩すことになります"と言うことです。

1)私が自らのブログ日記で、ある商品銘柄Aがとても良くて、さらにその開発手記を読んだらまた買いたくなった。という記事を書きました。
ムコ殿から「パッケージから出たらただの商品」
とコメントを頂いたのでその時点でカチンと来ながらも
「いえいえ銘柄Aはそんな裏切りませんよ」
とお返ししました。またその事に頂いたムコ殿からのコメントは
「この商品は銘柄Bか銘柄Cに限る」
と頂きました。

この時点で一度コメントを消しました。暫くは迷いながらもコメントを受け付けない設定にしました。暫くして解除してみたら次のコメントを頂きました。

私はある施設の事を書きました。
ムコ殿からは「金額が高そう」と頂きました。
その前に私の日記の中では高めかも知れませんが内容が充実しているので金額なりです。と書いているのですが。お勧めも含めて書いたのに水を注された気分になりました。

以下が私がムコ殿に送ったメールです。

ブログをご覧頂くのは有難いのですが、何故か頂くコメントは記事に水をさされているような気がします。
少なくともご自分の目や耳で見聞きしてコメントされるので有ればそれは一つの意見かも知れませんが、想像で否定的コメントを書かれるのは合点がいきません。そこまでしてコメント書かなくてはいけないものでは無いでしょう。ムコ殿さん以外の2~300人はスルーしています。
掲示板もブログも「相手がある」だけで無く「大勢が見ている」のがWebという媒体の特徴です。 これを読んだら相手や第三者がどう思うのか考えればおのずと何がマナーであるのか理解できるでしょう。 。ご一考行下さいませ。 一般の目に公開する以上当然自分と違う意見があり、否定されることも受け入れなければいけないこともあるのを承知した上で苦言を書いております。

と書きました。固有名詞を除いてほぼコピペです。

2は「ムコ殿のブログ本編(ココログ)やほかの方に書いたコメントをお読みになっているでしょうか?」の後に「ほかの方からクレームがついたこともないのです」と続きます。それより前からもムコ殿のブログの更新があると更新したので見てくださいと繰り返し連絡を頂いていました。軽いお誘いだったら"他の方からのクレームはありません"と続くでしょうか。私にはそうは思えません。


コメントを消したのもこれが最初ではありません。その前は「今日はお会い(お話?)できなくて残念です。」と記事とは関係ない、メールにすれば良いような内容を書かれたのとコメントに実在の個人名を書かれたので最初は断りを入れながら削除しました。後から断りなしに消したのもかなり悩んだ末の事です。

ムコ殿、最後通牒って何ですか?貴方からの最後のメールは納得行かなかったけれど、貴方からのメールは「申し訳ありません。しかし。。」と反論が続いたので、この先は不毛なやり取りにしかならないと判断して、敢えて返信せずに引いたのですよ。

トガピーさん、私は表立って争う事を避けて、あえて外にさらさないようにしてきたのです。表に出たのはこのムコ殿の記事が初めてです。自分のブログでも、自分に否定的なコメントを荒立てないように、かなり苦慮しておりました。

SALVEさん、上記の私のコメントは半分は私のメールのコピペです。
これが事実です。それでも私は自分本位でしょうか。どう書けば無礼にならなかったのでしょうか。

投稿: X | 2007年6月 5日 (火) 23時31分

Xさん

既に、私に非があると申し上げている以上、あえてコメントはいたしません。

ここで意見を交換しても埒が明かないと思うのです。お会いしてお話しするのが一番だと考えますが、いかがでしょうか。
それから、あなたをこれ以上不快な思いにさせるのは本意でありません。このブログ削除してもよろしいです。いかがしましょうか。

投稿: ムコ殿 | 2007年6月 6日 (水) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198925/6488834

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ・・・・・の憂鬱:

« 中欧ツアー:高いところが好き編 | トップページ | ご当地ホテル? »