« 桜 満開! | トップページ | 弁当二題 »

2007年4月 1日 (日)

イタリア文化会館

イタリア文化会館にコンサートを聴きに行ってきました。 

Photo_15 イタリア文化会館は赤い外壁で、景観を損なうと物議を醸したところです。グレーに塗り替えるとの報道もされていますが、個人的にはなかなかシックな色だと思います。下品な赤ではなくエンジを濃くしたような落ち着きのある赤色でした。

Photo_16 入口も原色を使いながらモダンな雰囲気を出しています。さすがイタリアのセンスですね。

Photo_17 さて、コンサートは個性的な演出家ダリオ・ポニッスイが主催する若手のオペラアリアコンサートです。ダリオさんの下で研鑽を積んだ若手歌手の発表会といった趣。観客も若い人が多いです。

Photo_18 アニエッリ・ホール。370席のこじんまりしたホールで、舞台との一体感もあって音響もなかなかすぐれています。舞台には大きなスクリーンがあって、歌ごとにふさわしい画像が映し出されます。前半はまだ声の若い人たちが多く、思わず聴くほうが緊張する場面もありましたが、皆さん素直に歌う姿勢は立派です。後半になるとキャリアを積んだ歌手も登場し、素晴らしい声を披露してくれました。そうそう、私は前川朋子さんからこのコンサートをご案内いただき、足を運んだのです。

Photo_19 ダリオさんの演出は個性的で、ベッリーニの「夢遊病の娘(女)」では、舞台に寝転がって歌うのです。びっくりです。「ホフマン物語」のオランピアは「人形ぶり」(というか人形なんです)が定番ですが、ネジに加えて空気入れが登場したり、最後はダリオ扮する博士に抱きつく・・・・などなどイタリア人ならではの賑やかな演出が満載。写真はアンコールでの全員による「乾杯の歌」。舞台も観客も楽しそうです。

Photo_20 中央が前川さんです。「椿姫」の「ああ、そは彼の人か」~カバレッタ「花から花へ」は瑞々しい歌声で掛け値なしに当日のぴか一でした。美しい容姿もあいまって、本当に華のある舞台でした。でも、お酒(シャンパン?)をがぶ飲みする演出で(笑)、あれでは本当に酔っ払ってしまいます。

Photo_21 今「プリマヴェーラ・イタリアーナ」イタリアの春2007が開催され各地でイベントが開かれています。今回のコンサートもその一環ですが、イタリア好きの私としてはとても楽しめた一夜でした。

|

« 桜 満開! | トップページ | 弁当二題 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリア文化会館:

« 桜 満開! | トップページ | 弁当二題 »