« 道 | トップページ | 「熱狂の日」丸の内合唱団募集 »

2007年3月10日 (土)

六本木 東京ミッドタウン

今月30日にオープンする六本木「東京ミッドタウン」を内覧してきました。

Photo_54 集合時間まで少し時間があったので、外苑東通り(六本木から乃木坂へ向かう道)の反対側にある「国立新美術館」を覗いてきました。巨大な建物で、設計は都知事選で話題の黒川記章。前面のガラスのカーテンウォールがうねるような美しい曲線を描いています。

Photo_55 入口コンコースは誰でも入れます。ここから各展示室にはエスカレーターで行きます。コンコースも広大なスペースで、カフェテリアや巨大な逆さ円錐の上にはレストランがあるらしい。でも、この柱、今にも倒れそうで威圧感があります。六本木からちょっと奥まったこのあたりには、隠れ家的なお店が多く、なかなか良い雰囲気でしたが、美術館への通り道になりずいぶん賑やかになてしまいました。

Photo_56 さて、いよいよミッドタウンに向かいます。写真は国立新美術館から見たミッドタウン。左端に美術館の建物が一部写っています。どうです、なかなかの偉容ですね。防衛庁跡地の10haもの広大な土地に、オフィス棟3つ、賃貸マンション3棟、ホテル、美術館(サントリー美術館)、ショップ・レストランなどなど、まるで一つの街ができたかのようです。地下では地下鉄大江戸線・日比谷線・千代田線とつながっていてとても便利です。内覧ということで写真撮影が制限されたのであしからず。

Photo_57 ホテルは、リッツ・カールトン。いわずと知れた最高級ホテルです。ホテルはタワー棟の最上階46~53階にあります(写真のちょっと出っ張ったところ)。驚いたのは、リッツのサービスが受けられるリッツ直営のマンション(240戸)が隣接されていることです。食事からハウスキーピングまで至れりつくせりのサービスは素晴らしい。見学したのは180㎡の豪華タイプ。4ベッドルーム、バスルームが2つついていました。お家賃185万円/月を高いと見るか、相応と見るか・・・一度でよいから暮らしてみたいです。

Photo_58 もう一つのマンションは中期出張用?のこれまた豪華なもの。オークウッドという会社が運営していて、都内にもすでにいくつかあるようです。家具ほか備品は作り付けで、ハウスキーピング付、朝食も出るそうです。見学した部屋は103㎡で家賃160万円/月。一ヶ月単位の契約です。おそらく海外からの出張者が宿泊するのでしょう。1ヶ月ホテルで過ごすのと比較すれば割安だとのことですが、我々庶民からすれば、まさに別世界です。

Photo_59 最後にタワー棟33階からの展望です。見事ですね。上の地図にガレリア、プラザという部分がありますが、これは各棟を繋いでいるショッピング・レストランゾーンです。店舗数120、内飲食が60店舗もあって素敵なお店が目白押しです(ホームページ見てください)。ファッション関係も充実しています。全体は「和」のコンセプトでまとめられ、折り紙や雪洞、障子のモチーフがちりばめられています。オープンしたら沢山のお客さんが押し寄せることでしょう。

HPはhttp://www.tokyo-midtown.com/japanese/

|

« 道 | トップページ | 「熱狂の日」丸の内合唱団募集 »

コメント

mixiへ、コメントありがとうございます!!
早速、こちらを拝見いたしました。
六本木、乃木坂エリア、これからの変容が楽しみですね。
本日は、偶然、トークショーが開催されていて、黒川紀章さんご本人がいらっしゃいました。
未来の日本について、とても熱い思いをお持ちのよう。
丸の内再開発も楽しみです。
我々、合唱団としても、ぜひ協力させていただきたいですね。


投稿: 椿姫! | 2007年3月10日 (土) 16時12分

椿姫!さま

コメントありがとうございます。
六本木、乃木坂地区は美術館(森美術館、国立新美術館、サントリー美術館)やショッピングゾーンが展開され、夜の街から昼の街=文化の街に変貌を遂げると思いますよ。本当に楽しみですね。

投稿: ムコ殿 | 2007年3月10日 (土) 22時16分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六本木 東京ミッドタウン:

« 道 | トップページ | 「熱狂の日」丸の内合唱団募集 »