« 鯛めし | トップページ | 練習再開 »

2007年2月 3日 (土)

豆まき

Photo_3  今日は節分。鎌倉の建長寺さんに「豆まき」を観に出かけました。境内入口(総門)脇には賑々しく節分の看板が出ています。

Photo_5 境内は土曜日ということもあって、かなりの賑わいです。奥に見えるのは重要文化財の三門で、門を建立する際に、狸がお坊さんに変身して手助けしたことから「狸の三門」とも呼ばれているそうです。

Photo_6 さて、会場の法堂前に着くと、なぜか「かっぽれ」をやっています。江戸前のかっぽれと建長寺がどうして結びつくか疑問です???まあ、景気づけなんでしょうが・・・・・・・。お坊さんと太鼓持ちではあまりにもギャップがありますね。

1_1 いよいよ豆まきの始まりです。建長寺は戒律の厳しい禅宗の寺だけに、福男・福女には芸能人はいないのか?(だったら、さっきの「かっぽれ」はなんだ?)。お坊さんからは「3回に分けて撒くので、皆さんに行き渡る」との話ですが・・・・・・・

3_1  ・・・とてもとても、観衆が多くて無理なようです。押し合いへし合いの争奪戦で、皆手を上にかざして確保しようとします。その勢いにお坊さんも気おされ気味。

Photo_9 ご婦人方は袋を広げたりして必死に取ろうとしています。私たちは群集の真ん中あたりにいたのですが、お坊さんや福男・福女の腕力は意外にも強く、後ろのほうがキャッチする確率は高いようでした。

Photo_10 中には、釣り用の網を高く掲げる「反則技」も飛び出します。今日の成果ですか?なんと4個も捕獲!家内が3つで私が1つ。家内のところには自然に落ちてきた?とのことでした。背は私のほうが高いのに、欲を掻いてはいけないということでしょうか。当家は家族が多いのでお許しください。

Photo_11

豆袋の中には、お菓子(写真はビスコ)がくっついていたり、くじ引きが入っているものもあります。くじ引きは出口で景品と引き換えます。サランラップのような日用品が主ですが、家内はなんと「だるま」の大当たり!?ちゃんと建長寺に由来のある「巨福」の金文字がだるまのお腹に入っています。建長寺の正式名称は巨福山建長興国禅寺といい、「巨福呂」という土地に作られたので「巨福山」という山号がつけられました。巨福とは巨大な福がきそうで、なんと縁起の良いことだろうと、喜び勇んで家路に着きました。

なお、写真はポップアップします。

|

« 鯛めし | トップページ | 練習再開 »

コメント

建長寺の豆まきのあと、八幡様の豆まきに行くのがコースのようです。
かっぽれと、建長寺のつながりが私もわかりませんでした。
私のブログも、これからよろしくお願いいたします。

投稿: moa | 2007年2月 7日 (水) 13時27分

おはようございます。
初めてのお伺いです。
コメントありがとうございました。
今年初めて節分の豆まきを省略しました。
後が大変なので(?)

ところで、オリエント急行に乗られるのですね。
何処のツアーか知りませんが、雰囲気があって一度経験なされることをお勧めします。
どのくらいの時間なのか定かでありませんが、少し長めのほうが気持ち的にはゆとりがもてると思います。一見に値します。
お食事も然り、ラウンジでの休息も趣きあります。
室内も整っていて、さすがでした。
4時間でしたので、あっという間の出来事でした。
ご報告が楽しみですね。

写真のアルバム(A4で、14枚風景のみ)が先日やっと出来ました。
又今年もどこかに行きたいと思っています。

投稿: masasann | 2007年2月 8日 (木) 07時01分

感想お聞きできてありがとうございます。
旅行は5月・・・・・待ち遠しいです。
でも、まだ催行が確定してないんです。

投稿: ムコ殿 | 2007年2月 8日 (木) 10時25分

こんにちは。
丸の内合唱団つながりなようですが、一昨年組で、去年リタイアしていたので今となればグルメ繋がりでしょうか?笑。

私もこういう行事大好きです!
なのにまだ一度も参加できてないんですよね。
今年なんて土曜でチャンスだったのに。
写真で雰囲気味わいました~。

投稿: murasakiko | 2007年2月15日 (木) 22時57分

murasakiko さま

コメントありがとうございます。
私も好奇心旺盛で、色々なところに首を突っ込んでしまいます。
丸の内合唱団もその一つ(笑)。
また、グルメつながりでよろしくお願いします。

投稿: ムコ殿 | 2007年2月17日 (土) 12時43分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豆まき:

« 鯛めし | トップページ | 練習再開 »